マイクロソフトがSkypeの買収を正式に表明しました。両社の取締役会はすでに合意を済ませたとのこと。買収額は事前の予想をさらに上回って、キャッシュで85億ドル。さまざまな企業買収が横行するこの世界においても、かなりの大型案件です。VoIPブランドの最大手を迎えることで、マイクロソフトはXboxやKinect、Windows Phoneなど同社の幅広い端末でSkypeをサポートすることや、同社自身のコミュニケーションプラットフォームであるLyncやOutlook、Xbox Liveといったサービスとの接続する計画も表明しています。もうひとつ重要な点として「マイクロソフトは、非マイクロソフト・プラットフォーム用のSkypeクライアントについても、引き続き投資し、サポートしていく」とのこと。マルチプラットフォーム対応がSkypeの大きな魅力であることを考えれば、当然の判断と言えます。

Skypeは今後、MS社内でバルマーCEO直下のMicrosoft Skype Divisionとなり、SkypeのTony Bates CEOがその長となる予定。今後さまざまな手続きを経ていくことになりますが、マイクロソフトは「年内に完了することを期待」としています。

速報:マイクロソフトがSkype買収を表明、買収額は85億ドル
広告

0 コメント

広告