Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

盗まれたカメラをEXIF頼りにオンラインで探す Stolen Camera Finder

Haruka Ueda
2011年5月10日, 午後01:30 in Matt Burns
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

Stolen Camera Finderは読んで字のごとく、盗まれたカメラを探すためのウェブサービスで、自身も写真家であるMatt Burnsさんが運営しています。仕組みは単純そのもので、盗まれたカメラで過去に撮影していた写真をアップロードすると、そこからEXIFデータを抽出し、オンラインの写真共有サービスから同じEXIFデータを持つ写真が投稿されていないか検索するという流れです。多くのデジタルカメラでは、撮影した写真のEXIFデータにカメラ毎に定められたシリアルナンバーを埋め込むため、このようなカメラと写真の紐づけが可能になります。現在登録されているカメラの数は100万以上とのこと。同サイトで公開中のソフトウェアを利用すれば、カメラ登録数の増加に貢献することもできます。

以上のような仕組みである以上、カメラを盗んだ犯人がEXIFデータを消してしまっていたら、あるいはそもそも撮影した写真をFlickrのような写真共有サービスに投稿しなかったら、カメラを発見することはできません。もっとも、大切なカメラとデータを取り戻すのに少しでも役立つ可能性があるならば、いざというときは試してみる価値はありそうです。しかし見事にカメラをオンラインで発見したとして、そのあとどう対処すべきかというのが本当の問題のような気もします。

Wired



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents