Google が Flashの .swf ファイルをHTML5コードに変換するウェブベースのツール Swiffy を公開しました。Flashプラグイン前提のブラウザ向けに制作した従来の .swfファイルを、iPhone や iPad などFlashが動かないけれど HTML5対応は進んだ環境向けに再利用できます。

Swiffy が現時点で対応するのは SWF 8 および ActionScript 2.0の一部。Flash 5 (SWF 5)までのほとんどの機能に対応しており、ソースからSWF 5で出力できる場合はそちらのほうが良い結果になるとされています。つまり変換できるのはアニメや簡単なスクリプトまで。

Swiffyが出力するのは.swfを再コンパイルしたJSONファイルと、クライアント側で動くJSファイル。ブラウザ側ではJavaScript がJSONファイルを読み込み、HTML5準拠のSVGやCSSなどで再現します。SVGの特定の機能を利用するため、サポートするのはWebkitベースの Safari (モバイル含む) や Chromeブラウザのみ。

FlashのHTML5変換といえばAdobeも公式ツール Wallaby を提供していますが、違いは Wallaby が Flashソースファイル (.fla )を変換してHTML5に出力するのに対して、Swiffyはすでにコンパイルされた .swf を変換すること。またWallaby はウェブ開発者が編集できるコードを出力するのに対して、Swiffyは効率を重視し手で編集は難しいコードを吐くという差もあります。

そのほか公式のFAQから一部を抜粋すれば:

オープンソースになりますか?
まだ決めてません。

アドビはどう考えていますか?
Flash Player をサポートしないプラットフォームにもFlashプラットフォームを拡大できることを歓迎している。Flash Pro オーサリング環境のすべての利点をこれまでどおり享受しつつ、対象システムによりFlash Player またはHTMLで広告を動かすことができる。Google と Adobe はこうした取り組みに関して今後も密接に協力してゆく。

といったところ。リンク先ではローカルから SWF ファイルをアップロードして変換を試せるほか、実例を並べたギャラリーも用意されています。

Google、FlashをHTML5に変換するツールSwiffyを公開
広告

0 コメント

広告