これまでなかなか普及の糸口が見えてこなかった「賢い家」ことスマートハウス技術の展開に向け、大和ハウスがソニーコンピュータサイエンス研究所(CSL)と共同で「萌え」を投入してきました。7月8・9日には東京水道橋の大和ハウスショールームで公開実験も実施されます。事前予約制で、申し込みは萌え家電プロジェクトのサイトより。

大和ハウスが持つスマートハウス技術を、ソニーCSLが開発した「Kadecot System」というストーリーゲームと家電制御を組み合わせられるシステムに載せ、スマートハウスのインタフェースをゲーム感覚あふれるものに仕立てられるプラットフォームを構築しました、というのが発表の肝。今回公開されたデモでは、BRAVIA やブルーレイ再生機、果てはクーラーや扇風機といった家庭内の家電製品達にいかにもな萌えキャラクターを割り当て、それらと楽しくたわむれることで家電を動かしたり節電したりできる、といった生活スタイルが提案されています。

この共同プロジェクトは、経済産業省の「クールジャパン室」が仲介して両社を引き合わせたのが発端ということで、「萌え」と「家電」を武器に世界へ売り込もうという野心的なんだか破れかぶれなんだかわからないなりに意欲的な動きがあるようです。続きで詳しい発表内容を紹介します。

Moe-Kaden project demo gallery

すべての写真を見る

33 枚


今回記者会見とデモが行われたのは、大和ハウスのショールーム「D-TEC PLAZA」。この実験住宅の中が萌え化されています。


「萌家電」プロジェクトでは家電にそれぞれ擬人化キャラクターが割り当てられていて、キャラクターと会話したり、キャラクター同士で進展するストーリーを楽しんだりしながら、家電を制御することができる、というもの。意外にもキャラクターは全部が全部いわゆる萌えキャラではなく、上図のように親父っぽいキャラクターであったり非人間キャラクターも登場します。


「萌家電」のコントローラは主にスマートフォン上で操作します。写真は玄関での「お帰りなさいご主人様!」な場面。プロの声優が吹き込んだフルボイスコンテンツです。

キャラクター達とのやりとりは、ストーリー仕立てのものもあります。デモでは時流に棹さした節電奨励コンテンツの紹介がありました。題して「空調機たちの夏」。アラサー女という設定の扇風機と、何故か親父キャラのエアコンとのラブストーリーです。上の写真がその扇風機とエアコン。扇風機の方はアラサーの設定に違わぬかなりの年代物。この扇風機のコントロール用画面は、普段はこんな感じ。


これだけでも十分アレですが、これにストーリー仕立ての「儀式」(大和ハウス担当者談)が加わるとこうなります。


ユーザーと二人で遊園地にやってきた、という設定。選択肢が二つ出ていますが、さきほどのリモコン画面と等価です。つまり...


「ジェットコースター」を選択すると、扇風機が「強」に、


「メリーゴーランド」を選ぶと、「弱」になります。キャラクター達とのこうした交流を繰り返すことで、好感度が変化するとかなんとか、そういった設定も可能だとか。

さて、扇風機とエアコンとのラブストーリーですが、背後にあるのは、エアコンと扇風機をあわせて使うことで効率的な冷却ができ、節電につながるということを居住者に伝えるという考え。そこで二つのキャラクターが絡むストーリーを提示することでそれに気づかせることを狙ったものです。


始めのうちはこんな二人ですが、少しづつストーリーが進展すると、二つを協調させて動かすことを促すイベントが発生。それを繰り返していくと...


と、二人の相性が上昇。やがて「扇風機とエアコンが結婚」というエンディングを迎えます。その後のリモコン画面には、下の写真のように新しいコマンドが追加されます。


こんなストーリーが他にもダウンロード販売や、ユーザー主導で作られたものをインストールすることで追加することができます。萌家電のシステムは共通プラットフォームとしてAPIが公開されるため、他メーカーや個人でも対応アプリケーションやコンテンツを作成することができます。


大和ハウスとしても、スマートハウスの共通プラットフォームは作ったけどその上に魅力的なアプリを作る能力はない、ソニーCSLもゲームエンジンまでは作ってもコンテンツまでは手が回らないということで、オープン戦略を採ったということだそうです。スライドでは「マーケットを立ちあげる」とありますが現時点では構想のみで具体的は展開はまだとのこと。



他の例では、ブルーレイさん(右)で観ていたムービーに関連した楽曲をウォークマンドックさんが探してきて、売りつけてくるというなかなか商売っ気の滲み出たものもあり。そのコンテンツを購入すると、


オマケでキャラクターの追加コスチュームがついてきたりします。


他にも、アップデートパッチが出ている場合にはこんなメッセージが表示され、「いいよ」を選択すると...


こんな感じで、見た目もアップデートされるなど。

最後は「萌家電大使」に任命された声優の水瀬いのりさんが、頭にディスクをあしらった「ブルーレイさん」のコスチュームで登場。



ソニーCSLでは以前にも「萌え木」プロジェクトなどで幾度か「萌え」への接近を試みていたのですが、今回の共同プロジェクトの経緯は、新たに開発したストーリー型コンテンツ製作システム「Kadecot System」をソニーCSLのオープンハウスで展示していたところ、会場に来ていた経済産業省クールジャパン室の職員が目をつけたということだそうです。たまたまその職員は以前スマートハウス関連のプロジェクトの担当者だったということで、大和ハウスとソニーCSLとを結びつけることを提案してきたとのこと。それまではちょっとした実験プロジェクトだったはずの Kadecot System が、スマートハウス技術を何とか広めたい大和ハウスの思惑と、「クールジャパン」をとにかく推していきたい経済産業省の野望によりオーバードライブしたというのが実情のようです。

「萌家電」大和ハウスとソニーCSLが共同プロジェクトを発表
広告

0 コメント

広告