appleの最新記事

Image credit:

店舗まるごと偽物の「偽アップルストア」、中国に出現

Ittousai , @Ittousai_ej
2011年7月20日, 午後05:21 in Apple
4140 シェア
3361
29
407
163
180

注目記事

人気記事


中国といえばいまや世界の工場であると同時に、コピー商品など模倣に対する意識がいわゆる先進国とはちょっと、いやかなり違うことでも知られています。その中国は雲南省で、アップルストアを店舗丸ごとコピーした「偽アップルストア」が見つかりました。

リンク先 BirdAbroad の著者が報告しているのは、雲南省昆明で通りかかった「Apple Store / 苹果商店」。いわく、急速な経済の発展とともにスターバックスやらH&Mなどのグローバルブランド店舗が至るところに進出する中国だけに、昆明のような都市にも見慣れたアップルストアが開店したのか、と店内に入ってみたところ、例の青いTシャツのスタッフから製品ディスプレイ、内装までアップルストアそのものでありながら、ところどころに奇妙な点が見つかります。

続きやリンク先の写真を見ると分かりますが、ほとんど間違い探し的な違いはたとえばスタッフの名札に個人名がなく「Staff」だけ、看板にアップルロゴだけでなく「Apple Store」の文字がある、どころか「Apple Stoer」表記もあるなど。実際にアップルの公式サイトを調べると、中国には現在北京と上海に4店舗しか本物は存在していません。

さらにすばらしいのは、ストアの店員に話を聞いてみたところ、自分が本当にアップルの従業員だと信じていたという点。もはや中国製の偽物どうこうではなく、偽ロサンゼルス市警的な不条理世界観すら連想させられます。リンク先の報告を読み進めても、やはり新規店舗というだけで本物のアップルストアなんじゃないか?と半信半疑な気分ですが、著者は店舗を出た後、徒歩で10分以内にさらに2軒の偽「Apple Store」を発見したとのこと。偽アップル製品を製造し店舗を運営する偽アップルそのものが存在しているのかもしれません。

続報:中国当局が昆明市内で偽「アップルストア」5店舗を発見、2店舗を営業停止


本当に101%偽物か?について。アップル直営の本物のアップルストアは現在4店舗しかなく、開店はそれなりに大きく通知されるため可能性は相当に低いと考えられます。アップルからなんらかの許可を得たパートナーの可能性については、アップル中国公式のリストには昆明のオーソライズドリセラーが存在しているものの、店内写真をみるかぎり、日本やその他の国とおなじくはっきりとリセラーであることを示す内装やサインになっており、直営アップルストアの模倣は許されていません。「公式リセラーが暴走して直営店そっくりに改装して、かつアップル側にまだ気付かれていないタイミング」といった可能性を除外すれば、直営店そっくりすぎる故に偽物であることを主張していることになります。(BirdAbroad の報告するもう2軒については、" TWO more rip-off Apple stores."を見かけたとのみ書かれおり、どこまで確認したかは未詳)。いずれにせよ、現地のアップルに直接照会中です

追記:「中国の直営アップルストアは現在4店舗」をアップルに再確認。つまり昆明のこれは確実に偽物。

関連キーワード: apple, apple store, AppleStore, china, fake, features
4140 シェア
3361
29
407
163
180