イー・アクセスがタブレット製品を投入します。シャープ製で、名前はまたしてもGALAPAGOS(A01SH)。仕様は7インチ・1024x600解像度ディスプレイ、NVIDIA Tegra 2プロセッサ、1GBメモリ、8GBストレージ、前面200万画素・背面500画素カメラ、802.11b/g/n WiFi、Bluetooth 2.1+EDR、GPS、加速度センサ、microSDスロット、microHDMI、microUSBといったところ。プラットフォームには国内投入製品では初となる Android 3.2 を採用します。"Honeycomb" の最終形態として知られる Android 3.2 の新機能は固定サイズアプリ用の互換ズームモードなどです。

大きさは195 x 122 x 11.9 - 12.6 mm、重さ389g。バッテリー駆動時間は静止画表示時で7.5時間。シャープ / GALAPAGOSですので、AQUOSリモート機能や、電子ブックストア TSUTAYA GALAPAGOSの利用が可能。一方、3G通信機能は持たないため、お伴にPocket WiFiを売り込む狙いです。発売は8月下旬から。ところで、A01HW はどうなったのでしょう?
イー・アクセスから国内初の Android 3.2採用7型タブレット GALAPAGOS A01SH

0 コメント