Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:

アマゾン Kindle が4月に日本上陸へ(日経報道)

Haruka Ueda
2012年2月11日, 午前08:00 in Amazon
1385 シェア
276
724
124
111
150

注目記事

人気記事


日本版 Kindle といえば、ドコモ版 iPhone と並び、どれほど話題になろうと、リークなるものが繰り返されようと、今日まで誰も見ることができずにいる現代の青い鳥です。しかし日経は、この日本版 Kindle が「4月にも」登場すると報じました。ちなみに日経は昨年も「年内にも」と報じていますが、残念ながら実現しなかったのはご存知のとおり。ただ、2011年も残りわずかとなったところで共同通信が「年内断念、来春以降」と報じていましたので、仕切り直しの時期は符合するところです。

日本版 Kindle が実現しない背景としては、出版社との調整に難航していると言われています。今回の日経報道でも「契約交渉を進めており」「一部の出版社とは大筋で合意」とあるだけで、昨年からどれほど前進しているのかは読みとれません。

もっとも新しい情報もあって、アマゾンは講談社らが4月に設立する電子書籍の共同管理会社「出版デジタル機構(仮称)」を通じて、コンテンツ契約について一括で交渉を行うとのこと。いったい幾つの電子出版関連団体があるのかと思わないでもありませんが、狭い日本の出版業界ですので、このような一括窓口が出来ればアマゾンほか電子書籍プラットフォーム企業にとっては追い風となりそうです。

そのほか記事で書かれているのは、日本版では Kindle Touch が主力製品になり、価格は1万数千円、ドコモの 3G 通信が無料で利用できるなど。Kindle 3 あらため Kindle Keyboard ではドコモの 3G が無料で利用できましたので、通信料無料といっても新鮮味はありませんが、通信プランの必要な他社端末とは大きな差別化要素となります。価格については、現在の Kindle Touch 3G モデルは広告なしだと189ドルなので、1ドル80円で1万5000円くらい。ちなみに現行 Kindle 4 は 3G 非搭載。あと気になるポイントがあるとすれば、すでに輸入済の Kindle が日本で使えるかということです。
1385 シェア
276
724
124
111
150

Sponsored Contents