Sponsored Contents

Cerevoの最新記事

Image credit:
Save

Cerevo、ガジェット専門クラウドファンディングサービス「Cerevo Dash」をCampfireと協業で開始

kentaro
2012年3月12日, 午前09:00 in Cerevo
140シェア
0
140
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

ネットワークカメラ「CEREVO CAM」を開発し、最近では USTREAM 配信専用デバイス「Live Shell」が好調な Cerevo が、ガジェットに特化したクラウドファンディングサービス「Cerevo DASH」を公開しました。国内のクラウドファンディングサイト Campfire との協業で運営。必要となる資金の見積や量産などノウハウの必要な場面では、ガジェット開発のスタートアップとして経験を積んだ Cerevo による支援(有償・一部無償)が受けられます。また同時に支援待ちプロジェクト第一弾として、巻尺つき iPhone ケース「iConvex」も公開されています。

広く一般の人々から出資金や支援金を集める「クラウドファンディング」でプロジェクトをスタートさせる事例が最近は増えてきました。海外では Kickstarter が有名で、ガジェット開発だけでなく書籍や映画製作、イベント運営など様々なプロジェクトが掲載されています。これまでにも多くの小粋なガジェット達がこうしたサイトで支援を受けて巣立っており、また無数のまだ見ぬ夢ガジェットが支援を待っています(参考: 本家「Insert Coin」タグ。製品化されたのはたとえば iPhone 4用 360度 パノラマ撮影レンズ Kogeto Dot)。投資する側にしてみても、ちょっと応援したいレベルの少額から支援でき、うまく行けば支援金額によってはいち早く新ガジェットを手に入れられるとあって注目が高まっています。

同様のクラウドファンディングサービスとしては国内にも Campfire があるのですが、時節柄か被災地復興支援に関するものが目立っている状況で、ガジェット開発はあまり活性化していないという背景がありました。Cerevo DASH ではサイトをガジェットに特化させ、製造開発のサポートを提供することで、小規模なガジェット開発を活性化させることを狙っています。つづきに、サービス詳細および同サービスに期待するガジェット開発者からのコメントを掲載しています。


まずは気になるサービス内容について。基本的には普通のクラウドファンディングと同様で、ガジェット開発者側は支援を受けるべくプランを提示します。プランには開発内容と目標金額に加え、いくら払った人にはどんな見返りが受けられるかを示す「Return Menu」が含まれます。プランの例としては、同時に公表されたプロジェクト第一弾「iConvex」についての記事を参照。

支援する側は、支援メニューを選んで決済情報(PayPalを使用)を入力します。めでたくプロジェクトが目標金額を達成すると、実際に決済が行われます。手数料は Campfire 本体と同じく 20%。つまり集まった金額の8割がプロジェクト側に支払われます。あとはプロジェクトの成功を祈るのみ。もちろん失敗する可能性もゼロではありませんが、Cerevo DASH にプロジェクトを登録する段階でまず審査があるのと、成立後の開発段階でも Cerevo DASH からのサポートがあるということで、多少の安心材料は用意されています。Morphy One の悲劇は二度と経験したくないものです。成功したプロジェクトについては、その後の発展として Cerevo とのダブルブランディングによる量産の提案を受けたり、Cerevo の海外法人を利用して Kickstarter へのプロジェクト出品の支援などを受ける可能性があります。

その Cerevo DASH からのサポート内容ですが、試作から量産までのさまざまな局面でぶちあたりがちな壁、例えば工場との交渉や製造コストの圧縮などの難しい場面について、経験豊富な Cerevo のエンジニアからの支援を有償で仰ぐことが可能。業者の紹介や簡単なアドバイス程度であれば、無償でのサポートも用意されています。なお、プロジェクトを登録するにあたっては、試作機やこれまでの実績などが審査の対象になります。

Cerevo DASH 開設にあたっては、Cerevo 岩佐社長のこれまでの経験が反映されています。岩佐社長によれば、実際にガジェット開発をスタートアップ企業として手がけて気がついたのは、ガジェットを製品として売るまでにやらなければいけない事が意外に多かった事。少ない資金をやりくりしながら、お金をかけずに試作をしたり規制に対応したり工場のラインを確保したり、さらには海外進出にあたってもやる事が山程あったとのこと。そうして蓄積されたノウハウを他のガジェットスタートアップや開発者にも伝えて、日本のガジェット開発やものづくりを活性化させたいという思いがあったそうです。

現時点ではサイトにはまだ iConvex のみが掲載されていますが、サイトを見ると「Coming Soon」として、「インターネット連動するかわいい何か」「インターネット連動するベッドサイドデバイス」「スマートフォンと連動するデジタル一眼レフ用デバイス」が控えているようです。Cerevo では今後も自社企画のガジェットを出品していく他、外部の開発者ともすでにコンタクトしている模様。

こうしたガジェット特化型クラウドファンディングサービスにどんな期待をしているか、ガジェット系研究者として知られるお茶の水女子大学人間文化創成科学研究科特任助教の塚田浩二さんからコメントをいただきました。

- 大学のガジェット系研究者としては、新しいアイデアを高い完成度のプロトタイプで実装したとしても、それを個人レベルで直接的に世に広める手段が存在しないことに物足りなさを感じていた。ソフトウェアと比べると、ガジェットでは「試作」と「量産」の間に越えられない壁があり、システム自体の配布は極めて難しかった。Cerevo Dash のようなクラウドファンディングがこうした状況を打破し、優れたアイデア/高いプロトタイピング能力を持つガジェット系研究者の作品を世の中に打ち出すきっかけになればと期待している。自分もぜひ出品してみたい。

期待する支援としては、実際に製品を作ってみないとわからない実務的なノウハウ、たとえばプロトタイピング段階で作っていたパーツをどのように再設計して発注するのかとか、コスト感覚など。試作までは個人の責任だとしても、こうした実務経験に基づくノウハウの欠如で不幸になる人が出ないシステム作り/サポート体制を期待したい。
<プレスリリース>                       平成24年3月12日
媒体関係者各位
『Cerevo』と『CAMPFIRE』が協業し、ガジェットに特化した
クラウドファンディングサービス【Cerevo DASH】を公開!

 株式会社Cerevo(本社:東京都千代田区、代表取締役:岩佐琢磨、以下、Cerevo)と株式会社ハイパーインターネッツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石田光平 家入一真、以下、ハイパーインターネッツ)は共同で、ハイパーインターネッツの運営するウェブサービス、マイクロ・パトロン・プラットフォーム『CAMPFIRE』(以下、CAMPFIRE)の仕組みを利用し、"立ち上がれ、ニッポンのガジェット・クリエイター。集結せよ、ニッポンのガジェット好き。"をスローガンとして、電子機器やその周辺機器(以下、ガジェット)に特化したクラウドファンディングサービス【Cerevo DASH】を本日公開しました。
   
■Cerevo DASH
Cerevo DASHは、ガジェットの開発や販売に必要な費用を、そのガジェットを「ほしい!」と思う複数の個人(以下「支援者」)から集め、株式会社Cerevoが持つ製造・販売・サポートのノウハウを合わせることで、夢のガジェットを世に出すことができるウェブサービスです。ガジェットを開発して販売するには、金型代や強度・温度試験の費用、最低生産数量など多数の制約があり、商品として世に出すためには多額の費用が必要です。加えて、試作機の開発方法、量産体制の構築、販売手法の確立、サポート体制の構築といったノウハウが必要なため、個人や少人数チームでのガジェット開発・販売は二重の意味で難しいものでした。Cerevo DASHでは、Cerevoがこれまで「CEREVO CAM」「CEREVO LIVEBOX」「LiveShell」といった機器を開発・販売してきたノウハウを活用し、"ガジェット開発や販売のノウハウ面"を、CAMPFIREのクラウドファンディングの仕組みを使用して総合的に支援します。
 サービス開始と同時にCerevoによる自社プロジェクトの掲載をスタート。同時に個人や企業によるプロジェクト登録の受付を開始いたします。Cerevoによる自社プロジェクト「iConvex
はiPhone用ジャケットの中に専用アプリと連動して便利に使えるコンベックス(巻尺)が内蔵された、これまでにない新しいiPhoneガジェットです。第2弾の自社プロジェクトは、インターネット上のさまざまな情報をユーザーに代わって取得、自動で教えてくれるC2M(Clowd to Machine:造語)を実現するハードウェア。現在試作が進行しており、Cerevo DASHのWebサイトに近日掲載される予定です。
▶▶▶ Cerevo DASH URL http://dash.cerevo.com/

■『Cerevo』について
 Cerevoは、"ネット×家電で生活をもっと便利に・豊かにする"をコーポレートスローガンに掲げ、ネット接続型家電の企画・開発を手掛けるベンチャー企業です。これまでにネットワーク対応デジタルカメラ「CEREVO CAM」、ビデオカメラやマイクを繋ぐだけでUstream配信ができる「CEREVO LIVEBOX」、デジタルカメラだけでUstream配信ができる「LiveShell」などを開発・販売しており、LiveShellは米国展開も開始しました。
▶▶▶Cerevo URL http://cerevo.com/

■『CAMPFIRE』について
 CAMPFIREとは、クリエイターのアイデアを実現するために、その内容に共感した複数の個人(以下「パトロン」)から、実現のために必要な費用を少額ずつ集める事ができる、インターネット上のクラウドファンディング・プラットフォームです。パトロンは支援の見返りとして、成果物や限定ノベルティグッズ、さらにブログや動画によって公開される進捗報告といった CAMPFIREでしか得る事のできないプレミアムなモノや体験を手に入れることができます。 
▶▶▶CAMPFIRE URL http://camp-fire.jp/

■サービス概要
◆名称
Cerevo DASH (読み:セレボ・ダッシュ)

◆サービス開始日
2012年3月12日

◆費用
プロジェクトの登録は無料。
プロジェクト成立時に集まった金額の20%の手数料(決済手数料含む)が発生します。

◆プロジェクトについて
ガジェット開発者が目標金額およびプロジェクトの概要を決定して支援者を募集。目標期間内に目標金額を達成するとプロジェクトが成立し、開発者は手数料を差し引いた金額を受け取ることが可能になります。支援者は開発者があらかじめ設定したリターン(試作品の先行体験、製品の割引販売、ノベルティグッズなど)を手に入れることができます。

◆プロジェクトへのCerevoによる支援概要
・試作機開発
・筐体デザイン
・強度、温度、電波その他試験
・量産支援
・販売手法の確立
・サポート体制の構築、サポート業務の実行

※簡単なアドバイスおよび適切な業者のご紹介までは無償とし、実作業が発生するサポートについては別途費用が必要になります。

■会社概要
会社名:株式会社Cerevo                  
代表取締役:岩佐琢磨
所在地:東京都千代田区外神田2-7-9 リバーサイドセブンビル 3F
主な事業内容:ハードウェアの開発・販売、ネットサービスの開発・運用
URL:http://cerevo.com/

会社名:株式会社ハイパーインターネッツ                   
代表取締役:石田光平 家入一真
所在地:東京都渋谷区渋谷1-17-1 美竹野村ビル2F partyground内
主な事業内容:WEBサービス企画・開発・運営
URL:http://hiinc.jp/


<お問い合わせ先>株式会社Cerevo 甲斐 / TEL: 03-6206-8388 MAIL: press@cerevo.com
株式会社ハイパーインターネッツ 矢崎 / TEL:080-4663-6456 MAIL:hello@hiinc.jp




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

140シェア
0
140
0
0

Sponsored Contents