Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

Google Chrome ベータに「ほかのデバイス」メニュー追加、タブをリアルタイム同期

Ittousai, @Ittousai_ej
2012年4月11日, 午前08:10 in Android
231シェア
18
140
0
73

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

ポケモンGO、伝説のポケモン『グラードン』出現。1月15日まで

ポケモンGO、伝説のポケモン『グラードン』出現。1月15日まで

Ittousai, 3 時間前
View
6週ごとのラピッドリリース採用以来、バージョンナンバーが今まで食べたパンの枚数になりつつあるGoogle Chrome ブラウザの話題。ベータチャンネル版の最新リリース v19.0.1084.15 に、新機能「Other devices」メニューが加わりました。「Other devices」は新規タブ画面の「最近閉じたタブ」と並ぶメニューボタンで、ほかのデバイスの Chrome ブラウザで開いたタブを一覧して開くことができます。

Chromeブラウザは従来から、「ログイン」(Sign in to Chrome) 機能でブックマークやアドレスバー履歴、アリケーション、設定、拡張機能、開いているタブなどのクラウド同期に対応してきました。「Other Devices」はおなじアカウントでログインした Chromeブラウザなら、たとえばマルチモニタ環境で大量のタブを開いたデスクトップと、出先作業用だけのノート、Chrome for Android ベータをインストールしたスマートフォンなど複数のデバイス間で、相互にタブを参照して開くことができます。

デスクトップ版 Chrome には1クリックで勝手に携帯のブラウザが立ちあがってページを開く「Chrome to Phone」拡張機能もあり、またAndroid版 Chromeベータでは独自のカードデック型(いま勝手に命名)タブ一覧で同期PCのタブを探すこともできました。今回ベータに加わった Other Devices は、特に意識して送信や同期をしなくても、携帯からノート、デスクトップからノートというように環境を変えて続きを読める便利機能。一般リリース版には、あと1か月ほど待って19になった時点で追加される見込みです。

関連キーワード: android, Chrome, google
231シェア
18
140
0
73

Sponsored Contents