Leap Motion reveals super-accurate motion control tech, $70 device to change the UI game

米国のモーションコントロール技術メーカー Leap Motion が、「従来技術の200倍精密」をうたうモーション入力デバイス LEAP を発表しました。USB接続する小さな箱状の製品で、ノートやデスクトップPCの手前に置くことにより、上方8立方フィートの範囲で精密なモーション認識を可能にします。

どれくらい正確かというと、発表文の表現を額面どおり並べれば:

・1/100ミリ単位の動きまで認識可能。
・両手と10本の指をそれぞれ独立して同時に認識。
・指先でピンチズームなどのジェスチャ操作が可能。
・指だけでなくペンなどのオブジェクトも精密に捉え、ペン先で文字が書ける。
・従来技術との差は、「腕を振ってスワイプ入力」と「指先でサイン」の差。
・マウスやタッチスクリーンより正確で素早く、キーボード並みに確実。

などなど。実際のデモと開発者による紹介は続きの動画をどうぞ。

最初に市販されるLEAPデバイスはPC向け・デスクトップ操作向けのUSB接続品であるものの、中核となるソフトウェア技術は「スマートフォン、タブレット、自動車そして冷蔵庫」を含む幅広い機器に組み込み可能とされています。

Leap Motion はPC用LEAPデバイスの市販をこの冬に予定しており、現在は69.99ドルで限定数の予約を受付中。また開発者にはSDKのリクエストを受け付けており、サードパーティーが開発したLeap活用アプリのプロモーションやマネタイズのためのプラットフォームも提供する予定です。






指先を1/100ミリ単位で捉える3Dモーション入力機器 LEAP、70ドルで予約受付開始 (動画)
広告

0 コメント

広告