パナソニックがAndroidベースのタブレット型製品 3機種を発表しました。いずれも Google Play からのアプリ追加に対応するものの、いわゆる汎用の「Androidタブレット」としてではなく、「ポータブルワンセグテレビ」や「デジタルメディアプレーヤー」など家電らしい用途別製品として販売されます。各製品の名称と特徴は:


デジタルメディアプレーヤー UN-MT300 (7月25日発売)

4型 800 x 480 液晶。8GBストレージ (ユーザ領域 約2.7GB)、microSDHCスロット、背面200万画素 / 前面30万画素カメラ、GPS。約168g。

IPX6 / IPX7 防水と1.2m耐衝撃の持ち歩き用端末。機能はワンセグ視聴、FMラジオ、「お部屋ジャンプリンク」でレコーダDIGAの番組をLAN内視聴 (録画番組、放送中番組)、録画番組の持ち出し。また一般的なメディアプレーヤ同様の音楽・写真・ビデオ再生。ゴルフアプリや地図アプリ、山歩きアプリなどでアウトドア用途も訴求。バッテリーは「お部屋ジャンプリンク」で約6時間(明るさ最小) ~ 約4時間30分 (明るさ最大)など。

ポータブルワンセグテレビ / マルチメディアタブレット「ビエラ・ワンセグ」SV-ME1000 (6月25日発売)

7型 800 x 480 液晶。4GBストレージ (ユーザ領域 約1.94GB)、SDXCスロット、背面200万 / 前面30万画素カメラ。約479g。

防水テレビ「ビエラ・ワンセグ」シリーズが Androidに対応しテレビ以外のコンテンツにも拡大した製品。機能はワンセグ、「お部屋ジャンプリンク」、Google Play でAndroidアプリ。バッテリーはワンセグ視聴で約6時間 (明るさ最小) ~ 約3時間30分 (明るさ最大)。お部屋ジャンプリンクでは約5時間 ~ 3時間など。


コミュニケーションビューワー UN-W700 (7月25日発売)

7型 800 x 480 液晶。4GBストレージ (ユーザ領域 約1.94GB)、SDXCスロット、前面カメラ。約431g。

上の「ビエラ・ワンセグ」からワンセグと防水を除き、私室でレコーダ経由のテレビ番組を見るクライアント + Skype端末にしたモデル。機能は同じ「お部屋ジャンプリンク」、Skype、Google Play ストアからのAndroidアプリ、ほかSNS連携のフォトフレーム機能が充実。お部屋ジャンプリンクで約2時間 ~ 1時間と短いもののバッテリー駆動にも対応。