Microsoft launches Outlookcom, a new email service with few ads, nearly unlimited storage

マイクロソフトが新しいメールサービス Outlook.com を開始しました。惹句は「A preview of modern email from Microsoft (Microsoft がお届けする最新の電子メールのプレビュー版)」。何と比較して現代的なのかは敢えて口に出さないとして、Hotmail のようなうるさい広告がなく、ユーザーインターフェースはシンプルですっきりした Metro風になっています。

機能面で先進的なのは Facebook や Twitter の統合、Skype統合(後日提供)、SkyDrive や Office webアプリとの親和性など。メールに写真や動画へのリンクがある場合は辿らずにそのままインライン表示できたり、SNSのステータス更新通知メールなら直接コメントしたりといったアクティブビューも最近のサービスらしいところ。

Gmailからの乗り換えを狙っており、公式サイトには「Gmailアカウントを使ってOutlookを試す」ガイドがあったり、また対人メールについては文面を読んだターゲット広告を出さないという差別化もあります。マイクロソフトの表現では、「非公開が既定の設定。Outlook では、メールの内容を広告会社に売り渡すことはありません」。

Outlook は現在だれでも新規アカウントにサインアップできるほか、既存のHotmail や Live アカウントでOutlookのインターフェースを使うこともできます。



先進的機能、SNS や Skype、SkyDrive、Office統合

機能面では Gmail はじめ他社のメールサービスもまとめられる受信トレイ、各社サービスからインポートできる連絡先、迷惑メールフィルタなど、ほかのメールサービスとおなじ基本をひととおり揃えています。

さらに Facebook や Twitter を統合して同じインターフェースからクイックアクセスできたり、右ペインにメッセージング(チャット)を表示する、Skype 統合、SkyDriveや Office webアプリ連携など先進的な機能を搭載する点が特徴のひとつです。ただしSkypeは現時点ではまだ利用できず、後日提供の予定。

DNP Outlookcom preview details, screenshots and impressions of Microsoft's new email service

Facebook や Twitter 統合は、メールを開いているときに相手の最新アップデートが右ペインに表示される機能。またSNSの更新通知メールなどの場合、メール内から直接コメントなどの操作ができ、別のサイトやアプリに飛ぶ必要はありません。アドレス帳でも相手の最新写真やステータスアップデートが表示されます。

DNP Outlookcom preview details, screenshots and impressions of Microsoft's new email service


そのほか便利な機能は、多数のメッセージを自動分類して一覧する「クイック分類」。手動でフラグをつけたものが「Flagged」に分類されるのは当然として、写真が含まれていれば添付ファイルでもリンクでも認識して「Photos」、スプレッドシートやプレゼンなどが含まれていれば「Documents」など、リンクや添付ファイルの種類を見て賢く分類します。


ユーザーインターフェース、広告


先進的な機能以上に特徴的なのは、ユーザーインターフェースがシンプルで動作が速く、広告に一定の制限があること。

UI は Hotmailよりずっとクリーンになり、Gmail と比較してもさらにシンプルです。たとえば Gmail では画面の一番上には常に Google+ や YouTube、Google Drive やカレンダーなどが黒帯で表示され、その下にグローバルな検索バーとユーザーアカウントがあり、さらにメニューやボタン類を挟んでからメール一覧になるところ、Outlookでは画面トップのヘッダ一本にコンテキストメニューやボタンがまとまっています。

一方でミニマルだから低機能というわけでもなく、メール一覧ではポインタをホバーすると開かずに直接「既読にする・削除・フラグをつける」ボタンが表示されるなど、よく使う操作を最小の手間で実行できるように工夫されています。

DNP Outlookcom preview details, screenshots and impressions of Microsoft's new email service

写真が含まれるメールではインラインでスライドショーまで可能。


DNP Outlookcom preview details, screenshots and impressions of Microsoft's new email service


広告については、Hotmail のような目立つグラフィックバナーやアニメーション広告はなく、通常は右側ペインに目立たないテキスト広告が表示されます。

またメールの文面から関連分野の広告を出すターゲット広告については、個人どうしのメールについては表示しない仕組みを導入しています。仮想敵であるGmail との比較ページでは、「Outlookをお薦めする3つの理由」のひとつとして、わざわざ「3. 非公開が既定の設定。Outlookでは、メールの内容を広告会社に売り渡すことはありません」との記述をしているほど。Gmailのターゲット広告が技術的に「内容を広告会社に売り渡す」にあたるかどうかはともかく、Gmailで個人的な内容のメールに無神経な広告が表示されて気になる人にはアピールしそうです。

マイクロソフトいわく、人間同士のメールかどうかの判定には、Facebook や LinkedIn、Twitter とのパートナーシップによるユーザーデータベースの参照を含むさまざまなアルゴリズムが使われているとのこと。多数向けに一斉送信されるニュースレターのたぐいはこのかぎりではありません。このため個人間のメールでは、右ペインに広告のかわりに相手のTwitter や Facebook 更新が標示されます。



Outlook.com は現在だれでもサインアップが可能。招待は必要ありません。新規の@outlook.com でマイクロソフトアカウントを取得できるほか、@hotmailなど既存のマイクロソフトアカウントで Outlook のユーザーインターフェースを使うことや、@outlookのエイリアスを追加することも可能です (outlook.comに既存のアカウントでサインインする)。インターフェースはすでに日本語設定にも対応。メールの保存容量については「事実上無制限」と表現されています。
マイクロソフト、新メールサービス Outlook.com を開始。誰でも登録可能
広告

0 コメント

広告