Google が Android 版の Google 日本語入力アプリに新開発の「Godanキーボード」を追加しました。Godan はタッチ端末で快適にローマ字日本語入力するための新配列。一見ケータイ配列のようですが、左手で母音を、右手で子音を打ち分ける両手打ちでも効率良く入力できる点が特徴です。(片手でもちゃんと打てます。)

また母音と子音を分けたことで、キーボードを切り替えることなく、下フリックで数字、子音の左右で濁音・半濁音などを高速に入力できます。Google 日本の開発者による解説動画は続きをどうぞ。Godanが使える Google 日本語入力の新バージョンはすでに Google Play からダウンロード可能です。


今回のアップデートには、Godan のほかにも多数の改善や新機能が含まれています。なかでも大きいのは、Godanまたはケータイ配列の際、濁音や半濁音、小文字を無視して辞書から候補を出してくれるようになったこと。

iPhone や iWnn の辞書の賢さに慣れてしまい、いちいち濁点や半濁点を打つのが面倒で Google 日本語入力を捨てたかたももう一度戻って試す機会です。


そのほかの点はフリックの感度調節など設定項目の追加、動作の大幅な高速化、メモリ使用量の減少、辞書の更新と候補表示の改善(ありえない組合せが延々と表示される前に代表的な言葉を出すように)などなど。




このバージョンの新機能:

- 新しいキー配列であるGodanキーボードを導入しました。
- よみがなの濁点/半濁点を省略したり小文字にしていなくても、変換候補が表示されるようになりました(ケータイ配列とGodanキーボードのみ)。
--- 例: "くーくるにほんこにゆうりよく" "グーグル日本語入力"
- 同じ文字列から始まる変換候補の表示を抑制し、より多様な変換候補を表示するようにしました。
--- 例: 「しんじゅく」に対する変換候補は、これまで「新宿」「新宿駅」「新宿区」「新宿線」など「新宿」で始まるものが複数表示されていましたが、少数の代表的なものだけが表示されるようになりました。
- ハードウェアキーボードが有効になった時に、自動的にソフトウェアキーボードを隠すようになりました。
- 設定項目が増えました。
--- ポップアップの有無を選択できるようになりました。
--- フリックの感度を調節できるようになりました。
- 辞書を更新しました。
- 動作が大幅に高速化しました。
- メモリ使用量が減少しました。
- 安定性が向上しました。
Google、新日本語入力配列「Godanキーボード」を発表。Android版を提供開始
広告

0 コメント

広告