Google が Chrome アプリ『Chrome リモート デスクトップ』の正式版をリリースしました。約一年前にベータとして公開された Chrome Remote Desktop は、インターネットごしにPCの画面と操作を共有できるリモートデスクトップアプリ。正式リリースではWindows環境で音声の送信に対応したほか、クリップボードの中身も共有できるようになりました。

リモートデスクトップや「画面共有」機能は多くのOSが標準対応しており、またインターネット越しに接続を確立する部分でも多数のサービスやアプリがすでに存在しています。しかし Chrome リモートデスクトップは Chrome ブラウザだけで、Google のサービスを使って手軽かつセキュアに扱える点が特徴です。


機能はリモートPCのユーザーに手動で共有を選択させて一時的なセッションを作る「リモート サポート」と、認証した自分のPCに接続する「マイ パソコン」に分かれています。

「リモート サポート」のほうは名称のとおり、ネットごしに一時的に相手のPCにアクセスしてトラブルシューティングする用途などを想定しています。使い方はまず双方のユーザーが Chrome リモート デスクトップを開始したのち、一方が「共有」を押して表示される数字12桁のアクセスコードを相手に伝える、教えられたほうは「アクセス」を選んで12桁を入力する、だけ。

あとはアクセスする側の Chrome ブラウザ内に相手PCのデスクトップが表示され、マウスやキーボード操作ができるようになります。利点はアプリのインストールから共有開始までがChromeブラウザ上で完結するため、比較的容易に導入できること。


またアクセスコードはその1セッション限りしか使うことができず、セッションの開始にはPCを共有する側のユーザーが「共有」を選ぶ必要があること、セッションの継続中には注意表示と切断ボタン、相手のGoogleアカウントが表示されるなど、導入は楽でも知らないうちに遠隔操作される穴にならない工夫が施されています。

もう一方の「マイ パソコン」のほうは、リモートデスクトップサービスを常駐させる、より一般的なリモートデスクトップに近い方式。こちらは接続先ごとのPINコード設定やリモートデスクトップサービスの許可などあらかじめ設定を済ませる必要があるものの、手動でセッションを開始せずに使えます。用途はいわゆるリモートデスクトップとして、自宅や職場のメインPCに外出先からアクセスするなど。

Chrome リモート デスクトップは、リンク先 Chrome Web Store で無料配布中。対応プラットフォームは Windows、Mac、Linux の Chromeブラウザ、および Chrome OS。先日249ドルの新製品が発表されたばかりの Chromebook で使えます。

Google は Chromebook を原理的にセキュアで管理コストが低く、マルチユーザーで利用可能なクライアントPCとして、Androidとはまた違った位置づけでビジネス向けや教育機関向け、公共機関向けに販売しており、リモートデスクトップアプリの正式サポートは Chromebook の武器のひとつになります。
Chrome リモートデスクトップ正式版公開、ブラウザでマルチプラットフォームPC共有

0 コメント