Google wants to change your reality with Ingress, a mobile game played out in real life

Google の社内スタートアップ Niantic Labs が、携帯端末の位置情報を使ったゲーム Ingress を開始しました。ゲームのジャンルとしては、モバイルアプリをインストールして現実の場所を訪れることで進行する位置情報ゲームにあたります。

Google ブランドでこそないものの、Google が社内でプラットフォームだけでなくゲームのコンテンツも制作しているのはおもしろい点です。もうひとつの特徴は、ゲームの設定が現実の世界を舞台に、なにやら未知のエネルギーを通じて人類の変革を企む勢力と、陰謀に気づいて抵抗する勢力の暗闘という、海外ドラマにありがちなオルタネートリアリティ(改変現実)ものSFになっていること。雰囲気は続きに掲載した動画でだいたい分かります。


実際のゲームの流れとしては、まずはアプリを落としてどちらのチームに所属するか選んでから、画面の表示を確認しつつ現実の街を歩き回ってパックマンのようにポイント(XM)を貯めて、公共施設やアート作品といった実世界ランドマークの陣取り合戦を繰り返します。

ゲーム世界の設定で言い換えれば、世界の異変に気づいた少数の人々は The Enlightened (覚醒者) グループまたは The Resistance (抵抗勢力) に身を投じ、一般の目には見えない「エキゾチック物質」(XM)を集めて力を蓄え、各地に散在するパワースポット的な「ポータル」の支配を巡って敵対勢力と戦う......といった感じ。(国によっては「気の流れ」やら「ケガレ」が見えたり祓ったりする伝奇風味のほうが受けそうですが、サイファイっぽい用語を使っているだけでだいたい同じようなものです。)

プレーヤーはいわゆる位置情報ゲーを遊びつつ、
「世界の真実に気づいて人知れず戦う選ばれた少数者」ごっこも楽しめるという仕組みです。(例:公園の彫刻の前で「凄まじい量のXMだ。一般人には見えないだろうが......」と呟いたり、ポータルが先取りされていたら「ヤツらに先を越されたか......」、知人に「何してんの?ゲーム?」と問われたら「普通の人間は近づかないほうがいい......だが真実を知る勇気があるなら」と前置きしてから布教したり、携帯を覗きつつランドマークの前でうろうろする者同士共鳴してしまうなど)。


Google wants to change your reality with Ingress, a mobile game played out in real life


位置情報で陣取りするゲームは特にめずらしくありませんが、Ingress は長期間に渡って謎が謎を呼ぶストーリー展開が用意されていること、陣取りに協力と戦術が必要になるゲーム性が特徴です。たとえばポータルをタワーディフェンスゲームのタワーのようにアップグレードさせたり、複数のポータルを支配下に収めた場合、点で結んだ地域内に敵のポータルがなければ、囲まれた面を自勢力の陣地に加えて現実の人口に基づいたスコアが得られるなど。離れた場所の味方との協力や、相手チームの出方を窺ったり、重要拠点の奪い合いが発生することになります。

Google がなぜわざわざゲームを提供するのか、といえば、やはりGoogle Maps に代表される位置情報サービスのプラットフォームを自前で持っている企業として、現実の位置情報を使ってダイレクトにプレーヤーを動かせることから、位置情報と広告の連動プラットフォーム作りに役立てることが考えられます。

直接的なパートナーシップを通じた誘導や広告はもちろん、ゲーム上の目的に従って能動的に動くプレーヤーの移動経路を通じて地図データを改善するような実験にも使えそうです。そういえばGoogleはAndroid版のマップで使える屋内マップのために、画面上の指示に従って施設内を歩くことで現在地表示を改善するためのアプリ Floor Plan Marker もリリースしていました。

また現時点では携帯の画面を特殊なセンサーか何かに見立てて「もうひとつの現実」を覗く仕組みですが、Google メガネこと Project Glass とも非常に相性が良さそうなアプリです。


登録とゲームの紹介はこちらの公式サイトから。クライアントアプリは今のところAndroid版が提供されており、iOS版も登場予定です。ゲームのストーリーは実際の両陣営プレーヤーの成績を元に展開し、約1年から一年半程度で終了する予定。エンディングを迎えたらもちろん「それが世界の選択か......」と呟きたいところです。
Googleが実世界陣取りモバイルゲーム Ingress を開始。改変現実SFもの
広告

0 コメント

広告