Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

手書きもリフローの富士フイルム GT-Document が iOS に対応、無料配信開始

Ittousai , @Ittousai_ej
2012年12月21日, 午後06:29
511 シェア
104
180
0
227

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

View



富士フイルムが、文書ビューアアプリ「GT-Document for Dropbox 」の iOS版をアップデートしました。目玉機能はレイアウト再構築技術 GT-Layout により、手書き文字の写真や雑誌のPDFなど、画像として含まれる文章まで画面幅にあわせて自動改行する簡易リフローが使えること。

文書の簡易リフローは、Android 版の GT-Document Lite for Dropbox には以前から実装されていた機能。いわゆるOCRのように「なんという文字か」を認識して完全に電子テキスト化するのではなく、画像中の「文字っぽいもの」を識別し画像のままタイルのように並べ替えることで、手書きどころか誤字やウソ字、塗りつぶしであってもそれらしいリフローを可能にします。

GT-Document for Dropbox

(App Store を GT-Document で検索すると「GT-Document」と「〜 for Dropbox」のふたつがヒットしますが、無印のGT-Documentはサーバライセンスを買った企業ユーザー向け。for Dropbox のほうが、文書の格納にDropboxを使う一般向け。" Lite " がついたり付かなかったりしますが、 " for Dropbox " なら誰でも使えます。)

511 シェア
104
180
0
227

Sponsored Contents