ASUSが液晶モニタの新製品 ASUS Designo MX シリーズ を発表しました。ラインナップは23型の『MX239H』と27型の『MX279H』、解像度はどちらも 1920 x 1080 のフルHD。

どちらも高透過率で消費電力が低いAH-IPS液晶パネルを採用するほか、スタイリッシュな狭額デザインが特徴です。またASUS製ディスプレイでおなじみの映像最適化処理エンジン Splendid に加え、Bang & Olfsen ICEpower と共同開発した『ASUS SonicMaster』技術の3W x 2 ステレオスピーカーを載せており、「ディスプレイの内蔵オーディオとは思えない、原音に限りなく近い最高峰の音質を実現しました」(ASUS) としています。
画面サイズ以外の仕様はほぼ共通で、1920 x 1080 AH-IPSパネル、ノングレア仕上げ、最大輝度 250cd/m^2、コントラスト比 1000:1 (動的コントラスト 8000万:1)、応答速度 5ms (GtG) など。使用時消費電力は27インチが37W以下、23インチは33W以下。

入出力は HDMI x 2 (HDMI-DVI変換ケーブル付属)、アナログRGB (D-Sub 15ピン)、音声入力と出力にステレオミニジャック各1。スピーカーは画面下部の左右に 3W+3W。スタンドは上20度〜下5度のチルトにのみ対応します。

発売は2月2日(土)。価格はオープン。予想実売価格は 27インチの MX279H が 3万2800円、23インチのMX239H が2万2800円前後。