ロシアのアマチュア開発者チームが、ひとつのマップ上で最大1500人まで同時に対戦できるボンバーマン系オンラインゲーム『Bombermine』を公開しました。ゲームは HTML5 / JavaScript で書かれているため、アプリやプラグインなどを使わずブラウザから直接プレイ可能です。

Bombermine は数日前から日 / 米 / 欧 / 露に公式サーバを立ててβテストを実施しており、現在は特にユーザー登録などの必要なく、プレーヤー名を入力するだけでいきなり戦場に放り込まれます。

操作はカーソル移動キーまたはWASDで上下左右移動、スペースまたはKで爆弾設置、CTRLまたはLでリモコン爆弾起爆など。Enter でチャットもできます。

プレーヤー数がプレーヤー数なので、ルールとしては伝統的なラストマン・スタンディングではなく、FPS的な出入り自由の一定時間内スコア制を採用しています。

開発者によれば、組み合わせた部品と言語はゲームエンジンがJava、クライアントは Java で書いてGWT でクロスコンパイル、UIに Angular.js 、サーバ側は HAProxy -> Jetty、ウェブバックエンドに nginx, node.js など。Mozilla のウェブゲームコンテスト GameOn への参加を考えており、詳しくはいずれ解説記事を書きたいとのこと。

更新:開発者によると、ゲームエンジン的には1500人サポート、実際にサーバが重くなるのは800人あたり、サイト上の表記は「最大1000人」。当初は見出しを「1500人同時プレイ」としていましたが、ゲーム内の表記に従って「1000人同時プレイ」に改めました。実際にサーバステータスを見てみると、ピーク時には1000人を超えるプレーヤーが同時参加しています。
1000人同時プレイのMMOボンバーマン『Bombermine』ベータテスト中

0 コメント