Google が Chrome ブラウザとスマートフォンで遊ぶ玉転がしゲーム World Wide Maze を公開しました。デスクトップ版の Chrome で World Wide Maze ページを開いて、iOS / Android のモバイル版 Chrome と同期することで、スマートフォンを傾けてコントローラとして使います。

WWWならぬワールドワイド迷路を名乗るのは、Google検索やURLで任意のウェブサイトを立体迷路化して遊べることから。平面迷路を奥行きのある視点で遊ぶのではなく、エレベータやジャンプまである立体的なステージがウェブページの要素から生成されます。ルールはポイントを集めつつ、落下しないよう時間以内にゴールすること。要はマーブルマッドネスやスーパーモンキーボールの系譜に属する由緒正しい玉転がし系です。

実際に遊ぶには Chrome ブラウザで World Wide Maze のサイトへ。iOS / Androidの モバイル版 Chrome も傾き検出コントローラ兼セカンドスクリーンとして使います (なければPCだけでも遊べます)。プロモ動画は続きをどうぞ。

PC側は描画に WebGL を使うため、Windows Vista / 7 と対応グラフィック、画面解像度 1280 x 800 以上、メモリ1GB以上などが必要です。Mac は OS X 10.6以上、デュアルコア Intel Mac 以上、VRAM 256MB 以上のグラフィックなど。

モバイル端末側は iOS 5.0以上、およびAndroid 4.0以上。モバイル端末がない場合はPCだけでも遊べます。

実際の遊び方はシンプルで、画面の説明どおりに進められます。最初にモバイル端末をニュートラル位置にあわせるため、PC側画面の左下の傾きメーターを見てすべての円が重なるように角度調節が必要。

思いどおりに動かないときは傾きを控えめにして、左下のメーターでどのようなベクトルが入力されているか確かめたり、手元のPower ボタン (アクセル)を離していったん止まってみるのも手です。
Google は PCとモバイル端末の同期を使った Chrome Experiment として、もっと単純なマルチプレーヤ競争ゲーム Super Sync Sports もリリースしています。



ベタにメタ (Engadget ステージはこちら) 。
Google、ウェブを立体迷路化するChromeゲーム World Wide Maze 公開。スマートフォンでボール転がし

0 コメント