Feedly が iOS / Android 版アプリをアップデートしました。Feedly は Google Reader の終了予告を受けて、API互換サーバによるサービス継続と既存ユーザのシームレスな移行を宣言していたマルチデバイスの RSS リーダーアプリ。

開発者いわく、Google Reader の終了予告から2週間で増えた新規ユーザーは300万以上。今回のアップデートは主にその移行組・移住先下見組からのフィードバックを反映して、見出しのみリストビューなど効率的なフィード消化向け機能、共有オプションの拡充、そして新規フィード検索&おすすめ機能の強化を含んでいます。


強化された " Productive Reading " 系機能は:

・Must Reads セクションの追加

ひとつも見逃したくないフィードを個別に Must Reads に指定できる。Must Reads に含まれる記事は Todayにすべて載る。Must Reads セクションでまとめて読むことも、起動時の初期画面に指定することも可能。

・見出しのみのリストビュー追加

・画面左から右にスワイプで現れるフィード選択パネル上で、下に引っ張って更新を追加



共有系では:

・Google+ に対応

・記事表示画面のメインツールバーに1タップ共有ショートカットアイコンの追加。Google+ のほかTwitter, Facebook, Buffer, メールなど、普段利用する共有サービスを選択する。

または共有メニューから Instapaper に保存や Safari / Chromeで開く、リンクをコピーなどアクションを選択することも可能。


従来の Feedly は共有数などを元にした人気記事抽出と、人気を反映したサイズ可変の雑誌風レイアウトで興味のままにパラパラとめくるスタイルを前面にしたアプリでしたが、今回の更新では「効率的に確認・分類・消化」スタイルを求めるユーザー向け機能が強化されています。

また Feedly の強みである新規フィード検索&発見エンジンも強化されています。5000万以上のフィードから高速に検索するほか、ほかのユーザーの登録フィード傾向などからおすすめコンテンツを提案したり、各フィードが扱うトピックを自動認識してトピックごとにブラウズなど。

Feedly は iOS / Android のほか、PC版の Safari や Chrome、Firefox ブラウザからも拡張機能として利用できます。
300万新規ユーザ獲得のFeedly がアップデート、見出しリストや共有強化などフィードバック反映

0 コメント