Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

Facebook Home 正式発表、Androidを Facebook 携帯に変えるホームアプリ&UX

Ittousai , @Ittousai_ej
2013年4月5日, 午前06:34 in Android
938 シェア
701
0
0
237

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

スマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は11月22日配信開始。基本無料の時短アイテム課金🍃

スマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は11月22日配信開始。基本無料の時短アイテム課金🍃

View


Facebook がAndroid用のホーム置換アプリ Facebook Home と、プリインストールしたスマートフォン HTC First を発表しました。Facebook Homeは、ひと言でいえば Androidスマートフォンを「Facebook携帯」に変えるアプリ群。

現在のFacebook アプリはあくまで Android OS上でほかのアプリと平等に扱われるお客様扱いですが、Facebook Home ではスリープを解除したときからFacebookの更新情報が全画面表示されるロック画面 兼 ホーム画面 Cover Feed 、イベントがあったアプリ名ではなく人単位で伝える通知システム、さらにほかのアプリを利用中でもポップアップで常に会話を続けられる Chat Head など、一アプリを超えたユーザーエクスペリエンスを提供します。






特徴的なホーム画面&ロック解除画面 " Cover Feed " 。標準のAndroid UI ではスリープを解除して、ロックを解除して、ホーム画面から「Facebookアプリ」を起動したりウィジェットでフィードを確認しますが、Facebook Home では画面を点けたらそのまま Facebookのフィードが表示されます。

Cover Feed では全画面表示の写真をバックに、投稿者のプロフィール写真と本文を表示。ダブルタップで Like、左右スワイプでブラウズできます。背景写真を長押しで写真のフル表示。



独自の通知システム。カバーフィードは例の独自アルゴリズムでユーザーにとって重要と思われる投稿を並べて表示しますが、直接のメッセージや自分の投稿への反応など、見逃せない更新は直接ホーム上に通知されます。通知はメッセージならば丸い「チャットヘッド」(後述)に本文、Facebook投稿ならばプロフィール写真と内容、ほかアプリからは通常のAndroidのようにアプリアイコンと概要。(HTC First ではAndroid側の通知もすべてFacebook Home のホーム上に表示されますが、後にほかのAndroid端末用にGoogle Playで配布される Facebook Home では Facebook からの通知のみを扱います)。

通知の内容を見たいときはタップしてそのまま開く。要らないときは横に払って後回し。まとめて消すときはひとつを長押しするとすべての通知ラベルが重なるのでそのままスワイプで払う。



特に面白いのがこの Chat Head。メッセンジャーアプリから相手の顔写真(ヘッド)をドラッグして、画面上の好きな場所に配置できる。置いた「チャットヘッド」は、別のアプリを開いたりホームに戻るなど画面を遷移してもそのままで、新着メッセージは顔+ふきだし状に表示される。タップすれば、現在のアプリを閉じてメッセンジャーに切り替えることなく、ポップアップでそのまま会話を続けられる。メッセンジャーはFacebookチャットとSMSをまとめて扱う。



そのほかの基本的な操作は、ホーム画面(かつロック画面)の中央下に表示される自分の顔アイコンがホームボタン。標準Androidのスライド方向でロック解除&ショートカット起動のように、スライド方向でダイレクトに各機能を開く。

上にスライドすればアプリロンチャー( よく使うアプリアイコン& Facebook投稿・カメラ・チェックインボタン)、左ならメッセンジャー、右で最後に使ったアプリ。戻るやホームといったナビゲーションには、端末側のAndroid標準ボタンが使える。

Facebook Home は米国ではAT&T専売の HTC First にプリインストールで販売されるほか、Galaxy S III や S4、Galaxy Note II、HTC One、HTC One X などのAndroid端末に Google Play経由で提供される。Google Playでの提供は、米国では HTC First の発売と同じ4月12日から。そのほかの地域にも順次提供予定。

938 シェア
701
0
0
237

Sponsored Contents