Sponsored Contents

durangoの最新記事

Image credit:
Save

速報:マイクロソフト次世代 Xbox 発表イベント、Xbox One 発表

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年5月21日, 午後10:30 in Durango
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

マイクロソフトは2013年5月21日、本社 Xbox キャンパスで次世代 Xbox の発表イベントを開催しました。次世代機 Xbox One が公開されたイベントの速報を続きに掲載します。関連記事一覧はこちら

Gallery: マイクロソフト Xbox One 発表 | 9 Photos

9




英語のライブストリームもあります。日本公式ではイベント後に翻訳付きで掲載予定。



まもなく。



ドン・マトリックが登壇。


今日は開発チームも聴衆のなかにいます、彼らに感謝云々、まもなく始まります、といって下がる。フェイントか。



プレゼン開始。最初はビデオから。ゲーム開発者や関係者のコメントをつなぐ。どこかで見た日本人(スニーキングアクションのカントク)も。




改めてドン・マトリック。来場に感謝の挨拶。これまでの自分のキャリアで、今日ほどエキサイティングな発表はない、etc。

まずはXbox の達成してきたことを振り返る。




次世代機は、ゲームだけでないエンタテインメントも統合したオールインワン。



Xbox One 発表! (∪^ω^)わんわんお!


本体のイメージ動画。四角い!Kinect 2 らしきセンサーも。




コントローラは360用の後期改良型に似ている。


Yusuf Mehdi に交代。Xbox One の詳細。



常時「起きて」おり、声で 「Xbox On」といえば即座に起動。go to game や Watch Movie、TV、などと声を掛けると、現行のXbox 360からは想像できない速度で、テレビのチャンネルのように即座に切り替わる。





画面分割マルチタスクの「Snap」機能。映画を見ているとき、「Snap Internet Explorer」といえば、Windows 8 のスナップと同じようにサイドバー的な分割表示でブラウザが立ちあがる。


Skypeも統合。ポップアップやSnapで、テレビやほかのアプリを動かしているときにも使える。



音声認識が始まっていると、毎回 "Xbox"といわずに、階層を辿らずチャンネル名や「テレビ」など言葉を認識して即座に反応する。

ライブ放送のテレビを見るために、テレビ側の入力を切り替えてetcは必要ない。




放送中番組を重ねられるテレビ番組表。





Marc Whittenが登壇。システム詳細。

connected, and ready。低消費電力モードで常時接続し、入力を受け付ける。


トランジスタ数は50億。(編注:目安として、4コア Core i7プロセッサは7億3000万トランジスタ)。

8コアCPU、8GBシステムメモリ、500GB HDD、BDドライブ、802.11n WiFi、WiFiダイレクト対応。HDMI入力 / 出力。USB 3.0。


3つのOSを搭載。raw Xbox OS。従来のゲーム機のように軽量で「ナマ」のパワーをすべて使える。Windowsカーネル。マルチタスクやアプリを担当。三つ目に両者のやりとりを制御する軽量OS。

新アーキテクチャにより、TVのチャンネルを変えるようにゲームやアプリを切り替えられる。

新 Kinect センサを標準で同梱。

3Dセンサは精度向上、広角化。RGBカメラは1080pに(従来はVGA)



呪われた十字ボタンは改良型へ。振動はトリガに内蔵。全体にややスリム化。



Xbox LIVEも大幅に進歩。クラウド側のサーバは初代Xbox の Xbox LIVEでは500台、現在は1万5000。Xbox One では30万サーバに拡大。


「ゲーミングDVR」(デジタルビデオレコーダ)機能に対応。ゲームプレイを録画してそのまま編集、クラウド共有。(PS4に近い機能)


実績システムも進歩。ダイナミックに変化?する。

Xbox LIVE はマッチングやクラウドセーブに加えて、クラウドとゲームを同期する " Living Game " 機能も提供する。


EA Sports の Andrew WIlson氏登場。

Xbox One に FIFA 14、Madden NFL 25、NBA Live 14、UFCを開発中。今後12か月のうちにすべて発売。







EA Sportsタイトルの動画デモ。IGNITEエンジン。

3Dモデルのアニメーションとディテールは前世代比10倍、AIも従来4倍の計算で「人間に近い知能」を見せる。

FIFA 14 は「Only on Xbox!」。

(なんだか懐かしい言葉)




続いて、Microsoft Studios を統括するフィル・スペンサー氏。

Forza 5 の Xbox One 実機動画。




Forza 5は本体同時発売。


続いて Max Payne や Alan Wake で知られるRemedy の「Quantum Break」

(どこがゲーム画面なのかデモなのか分からない)


Microsoft Studiosは Xbox One に独占タイトルを 15本開発。うち8本は新規IP。

Xbox One の発売から1年で15本。




続いて、Xbox Entertainment Studios の Nancy Tellem氏。

Xbox One のスマートテレビ、インテリジェントテレビとしての側面を解説。

CBSやワーナーブラザーズなどテレビ、映像業界出身。CSI やサバイバーなど人気ドラマシリーズにかかわる。

まったく新しいテレビの時代へ。


パーソナライゼーション、ソーシャル、双方向。


新しい時代のテレビ番組の例として、343 Industries の Bonnie Ross氏。Haloのテレビシリーズを発表。




実写Haloテレビシリーズには、スティーブン・スピルバーグも参加。

「プレミアムテレビシリーズ」。Xbox LIVE?放送?





続いて、現行の Xbox 360でも需要が高いインタラクティブスポーツ番組。

NFLと提携。



選手や試合データ、ファンタジーフットボールの自分チームや、選手やコーチの情報などさまざまなデータをインタラクティブに提供。

Xbox 限定。





Xbox One は年内に世界で発売。


アクティビジョンのCEOが登壇。Call of Duty 新作を予告。Call of Duty GHOSTS。独自の次世代エンジン CoD Engineで開発。


Ghosts のDLCはまずXbox One 向けに提供。(いわゆる「期間独占」かどうかは不明)。



ゴーストはエリート特殊部隊。部隊には軍用犬も。(∪^ω^)わんわんお!

leanができるようになった。

(カバー沿いで上体を傾けて向こうを覗く動作)。

新エンジンでマップは動的に変化。ダイナミックマップ。キャラクターのカスタマイズ。

ロードアウト選択だけでなく、顔などもカスタマイズできる。

MW3との比較ビデオ。

うわあ。


前作と次世代の顔モデル比較。実際のSEALで活躍する軍用犬からスキャンした犬モデル。腕毛までリアルな腕モデル、ジャングルの環境など。現行機とはディテールと説得力が桁違い。

次世代 Call of Duty " GHOSTS "の Xbox One 実機動画ワールドプレミアで締め。








3:05AM イベントはここまでで終了。ゲームラインナップが発表されるE3までのカウントダウン開始。残り19日。
このあとはハードウェア詳細やサービスなど個別記事を更新してゆきます。関連記事の一覧はこちら




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents