iPhone 5S (仮) 発表とも、プラ筐体の廉価版 iPhone (仮) と二機種同時ともいわれるアップルの新 iPhone 発表イベントは、どうやら昨年と同時期の9月前半になりそうです。Wall Street Journal ネットワークのデジタル担当 AllThingsD はいつもの関係者情報として、アップルは米国時間で9月10日に新 iPhone イベントを開催予定であると伝えています。


年によって意外と発表・発売時期がずれている iPhone ですが、ここ最近は 6月の WWDC で新 iOS を発表したあと、秋に新 OS プリインストールで新 iPhone 発売のペースが続いてきました。昨年の iPhone 5 発表は9月12日、その前のiPhone 4S は10月4日。

今回も順当に9月10日発表だったとして、例年のパターンであれば、9月下旬か10月には多くの市場で購入できるようになるはずです。

新型 iPhone についてのこれまでのうわさといえば、正当後継機種の iPhone 5S についてはカメラやプロセッサの強化、もしかするとディスプレイのさらなる大型化、あるいはアップルの企業買収や特許取得から指紋リーダーや近接無線技術もそろそろ乗るのでは、と囁かれています。

一方の廉価版 iPhone のほうは、成長市場であるはずの中国や新興市場でも Android勢の躍進にプレッシャーを受け世界シェアも低下し続ける状況に対応するため、筐体をポリカーボネートにしてコストを下げたバージョンを投入するらしい、というストーリーです。こちらについては流出した実物と称するパーツの写真がなんどか出回っており、いずれもポリカ製と引き替えにカラフルな本体色バリエーションがあるとされています。

(アップルが唯一の目標とするのは「最高の製品を作ること」であってシェアではない云々のお話は故ジョブズの演説でも繰り返されてきましたが、一方でアップルは1年落ち2年落ちのモデルを平行生産して廉価版として販売する戦略を従来から続けています。

アップルみずから極めて高度なエンジニアリング技術の結晶と豪語する iPhone 5 の筐体は1年経っても比較的コストがかかるため、外装をカラフルな樹脂製にし中身の一部を置き換えたミッドレンジ機を改めて用意することで、外見も価格も魅力的な新製品として売り込みつつ、フラッグシップとの差別化も計るのだ、というのが廉価版 iPhone 説の主張です)。
アップル、新 iPhone 発表会は9月10日開催? (AllThingsD報道)
広告

0 コメント

広告