Sponsored Contents

cameraの最新記事

Image credit:

ソニーの新ミラーレス一眼 NEX-5T は9月発売。NFC対応、スマホ連携やアプリも拡充

Hiromu Tsuda , @boobyn
2013年8月27日, 午後06:32 in Camera
222 シェア
122
0
8
5
87

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事



ソニーは、NFCに対応し、より手軽にスマートフォンなどとWiFi接続できるレンズ交換式ミラーレス一眼カメラ NEX-5T を9月13日に発売します。価格はオープンで、店頭価格はボディ単体が6万円前後、パワーズームレンズ付きが7万5000円前後、ダブルズームレンズ付きが10万円前後。

ソニーのデジタル一眼カメラ αシリーズの最新モデルとなる NEX-5T は、昨年10月のコンパクトな NEX-5R にNFC機能を搭載したミラーレス一眼カメラ。NFCに対応したことで、NFC対応スマートフォンとのWiFi接続がワンタッチで行えるようなります。AF機能や画素数などは NEX-5R を踏襲しています。

性能面では NEX-5R がNFCに対応しただけ、とも言えますが、 NEX-5R の発売当初よりも2万円程度安く、値下がりして5万円〜となった現行価格と比べてもお得感があるのではないでしょうか。

有効画素数1610万画素、撮像部はAPS-Cサイズの原色フィルター付Exmor APS HD CMOSイメージセンサーを採用。搭載する3インチの液晶ディスプレイは、本体の上方向に180度可動し、柔軟な撮影スタイルが可能で、自分撮りも行えます。大きさは約110.8×58.8×38.9mmで、重さは約276g。

レンズマウントはソニーEマウント。キットレンズも NEX-5R から変更はなく、パワーズームレンズキットには E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS が、ダブルズームレンズキットにはこのレンズに加えて、 E 55-210mm F4.5-6.3 OSS が同梱されます。ホワイト、シルバー、ブラックの3種類のボディカラーに合わせ、レンズもブラックとシルバーの2種類をラインナップしています。



ボディ上部に搭載したNFCによって、対応するスマートフォンをかざすと、すぐに設定画面を表示して、スマートフォンやタブレット端末と連携して使えます。アプリで機能が追加できる PlayMemories Camera Apps に対応し、周辺光量や色収差などの補正値を細かく設定できる レンズ補正 アプリ(1000円)が新たに登場。従来の スマートリモコン や、 ダイレクトアップロード といったアプリの発売に合わせてバージョンアップします。これら2つのアプリは無料。

スマートリモコン は、スマートフォン側でカメラの設定を行うアプリで、スマートフォンやタブレットからのタッチAF操作が可能になるほか、絞りやシャッタースピード、ホワイトバランスなども設定できるようになります。

ダイレクトアップロード は、NEX-5 で撮影した画像をWiFi経由で、SNSなどに投稿できるアプリ。これまで、PlayMemories Online と Facebook への投稿に対応していましたが、新バージョンでは Flickr にも投稿できるようになります。

Source: SONY
関連キーワード: camera, nex-5, NEX-5T, SONY
222 シェア
122
0
8
5
87

Sponsored Contents