9月10日のスペシャルイベントで、アップルが 新 iPhone 5s, iPhone 5c を発表しました。続きにはスペシャルイベントの様子を掲載します。

新着情報のフォローは Twitter @EngadgetJp や、Facebook の Engadget 日本版ページ、新着記事 RSS フィードをどうぞ。

更新:主な発表は

iPhone 5s :ホームボタンに指紋センサ内蔵、世界初の64bit ARMプロセッサA7採用でCPU/GPU2倍高速化、写真機能が大幅向上。800MHz帯にも対応。

iPhone 5c:iOS 7 と似合うカラフルな樹脂製。廉価版の位置づけながら、iPhone 5から進歩した点も。カラーテーマをあわせた穴あきケースが激しい。

iPhone 5s / 5c と、現行機種 iPhone 5 の詳細な比較・進化点まとめはこちら

発売は 日本でも9月20日。また、今回はとうとうドコモからも発売されます。



毎度恒例の直前リーク情報(自称)。iPhone 5s のホームボタンはTouch ID センサ(指紋センサ)兼用



日本語では「きっと鮮やかな一日になるはずです。」

まもなく開幕。




創業者のお言葉。

成功してもいつまでもそこに留まるな、次のすばらしいものを見つけるべきだ。

ついでにいえば、ジョブズがアップルを継ぐティム・クックに残した遺訓は「ジョブズだったらどうしただろう、とは決して考えてはならない」。

開幕前の余談です。念のため。



開幕。クックからの歓迎挨拶。北京と東京へも特別な歓迎メッセージ。

いつものように、現在のアップル戦績を振り返る。

5周年を迎えた iTunes Festival について。100か国にライブストリーミング。



ロンドンでエルトン・ジョンやレディ・ガガなどがコンサートをするフェスティバルイベント。



イベントからのビデオを上映。

続いて小売店舗について。米国外での展開をさらに強化。

iOSについて。来月には7億台めの iOSデバイスを出荷へ。

iOSはあっという間に世界でもっとも使われるOSになった。

iOSについては、Craig Federighi に交代。


iOS 7 について。 ロック画面から刷新。



下から上にスワイプで、新設のコマンドセンターを表示。各種設定がまとまったウィジェット。

検索も強化。ホーム画面のどこにいてもアクセス可能に。Siri もアップデート。ブラウザに飛ばさず、会話のなかでウェブやツイッターも教えてくれる。


(検索は Google ではなくマイクロソフト Bing を使っているようだ)



デフォルト着信音まで刷新。「踊りだして電話にでるのを忘れてしまうかも」。



続いて写真アプリ。時間と場所からイベントを自動的にまとめてアルバム化。Retina画面を活かした極小サムネイルで年単位の写真もまとめて一覧表示、写真共有の統合など大幅進化。



iTunes Radio。



iOS 7 は9月19日から提供開始。

iPhone 4以降、iPad 2以降、iPad mini、iPod touch 五代目以降。







続いて iWork。世界でもっとも売れているモバイルプロダクティビティアプリ。

iPad は単に消費・閲覧するデバイスではなく、作るデバイスにもなる。




iWork はプロダクティビティについて大きなアドバンテージ。iPhoto や iMovie は素晴らしいクリエイティビティツール。「こうしたアプリを備えたプラットフォームは他にない」


iWork の3アプリと、iPhoto , iMovie が iOSデバイス向け無料化!



続いて iPhone について。



フィル・シラーに交代。iPhone 5c 発表!






カスタムケース






仕様。iPhone 5より向上する点も。




16GBモデルが99ドル、32GB 199ドル。2年契約つき。米国ではこれまでの旧機種と同じ設定。


カラフルなケースは29ドル。




ウチもソトも責任を持つようになったサー・ジョニーがビデオで語る。





製造工程も。ハードコートポリカーボネートのシェルの中身に、スチール製のフレーム。







穴あきケース推しがすごい!

カラフルな iOS 7とカラフルなシェルの iPhone 5c でひとつのデバイスが完成。





続いて、正当後継の iPhone 5s 発表!




ゴールドを追加。




ゴールド、シルバー、黒はスペースグレイ(Space Gray)。




中身は64bit のA7プロセッサ!


「世界初にして唯一の64bit スマートフォン」

(俗説に反して、アップルは自分が先進的なときはハードウェアスペックも強調します。)


64bit化について、ほかの会社はまだ話にも出していないだろう、と牽制。


A6と同等サイズに、トランジスタ数は約2倍。ネイティブ64bitカーネル、ライブラリ、ドライバ。標準アプリはすべて64bit化済み。32bit も 64bit アプリもそのまま走る。



iPhone 5 のA6と比較してCPUは2倍速、GPUも2倍。

初代 iPhone の 56倍。


OpenGL ES 3.0サポート


Epic の Donald Mustard 氏が登壇。インフィニティ・ブレードIIIを発表。デモ。





「ゲームの64bit化は普通きついが、アップルでは2時間」



このドラゴンのディテールも4倍増。PCゲーム的な視覚効果を多用。


もうひとつ、モーションコプロセッサ M7を紹介。



モーションデータを常に記録し続ける。ユーザーの動き、状況を把握する。



ヘルスケアアプリや、フィットネス系への利用のほか、状況や位置情報を常に把握した「賢い」アプリを可能に。

バッテリー駆動時間は、LTEブラウズ・WiFiブラウズでも10時間。待受250時間。


続いてカメラの進化。連写モード、ブレ補正など。

シャッターを押しっぱなしで10枚/秒。



120fps撮影。スローモーション

120fps は720p






28メガピクセルのパノラマ撮影。撮影しながら動的に露出補正。

続いてセキュリティについて。


パスコードすら、ユーザーの半分はめんどうに思って設定していない。

iPhone 5s の新機能 Touch ID センサ発表!


「指紋をまったく新しい方式で読み取る」。


厚さ170ミクロン、500ppi解像度で表皮の下の層を読み取る。ホームボタンに組み込み。


ボタンが目立つのは、指が置かれたか認識するためのステンレス製リングがあるため。指紋認識には押す必要はなく、指を置くだけでいい。

表面はレーザー加工したサファイアクリスタルガラス。


iOS 7との深い統合。たとえば iTunes Storeで買い物をするときにも、指先で認証してそのまま買える。

「技術のための技術ではなく、あらゆる部品も製法も、真に役に立ち、ユーザーの使い勝手を向上させるかどうかで決定される」。

表層のサファイアクリスタルはレンズの役割を果たす。センサーは目では見えない高解像度で指を撮影している。バイオメトリクスデータは、アップルのサーバにもiCloudにもアップロードされることはない。




ビデオでサー・ジョニーのお言葉。「技術とは、目立たず姿を消した時にいちばん役に立つ」。






価格は下の16GBがiPhone 5cと同じ199ドル。32GB 299、64GB 399。これまでどおり。

product red のチャリティーケースも。



iPhone 4Sも当面は存続。2年契約無料で。日本とはいろいろと事情が違います。




日本でも9月20日発売!

中国で同発ははじめて。そして。。。

ドコモ

わざわざ冒頭で東京に歓迎を述べたように、今度はドコモでも販売します。



まとめに入る。。iOS 7 は初代 iOS 以来、最大の変化。

コマーシャルを上映。いつもの流れ。(あとで貼るかリンクします)

続いて、伝統にそってゲストミュージシャンを紹介。エルビス・コステロ!

(このまま演奏とともに終わりなのか、なさそうだけどひっかけでワンモアシングや締め挨拶があるか、とりあえず待ち)

イベントはここまで。お疲れ様でした。本日の発表はこちらから記事一覧を辿れます
速報:アップル 新 iPhone イベント。iPhone 5s, iPhone 5c 発表
広告

0 コメント

広告