アップルのスペシャルイベントより。アップルがドコモからの新iPhone登場を発表しました。これにより、日本のiPhoneは三つどもえの競争となります。

発表会では、9月20日に先陣を切る数カ国での発売をアナウンス。第一陣に含まれるのは初めての中国のほか、これまで同様に日本も20日発売が決まりました。これに加えて、NTTドコモから初の iPhone も発表。発売が決まるまで「ドコモからiPhone発売」と言い続けてきた日経の記者も肩の荷を下ろせるかもしれません。

なお、ドコモの契約者が6000万人超。言うまでもありませんが、国内最大の携帯電話事業者です。発売するのは iPhone 5s と iPhone 5c。9月20発売で、9月13日にiPhone 5cの予約を開始し、ドコモの会員組織 プレミアクラブのプレミアステージ会員(3万人)は直販サイトでも予約を受付ます。

ドコモ広報部では、「アップルのプレスリリースを確認中。これを確認した後にドコモとしてリリースを発表する」として、現時点で何も発表できる追加情報がないとしています。ドコモのspモードなどがどのような取り扱いになるのかは不明。今後、順次明らかになるものと見られます。

なお、ドコモの加藤社長は米国のアップル発表会に出席しています。




スペシャルイベントの速報はこちら
新 iPhone の関連記事一覧はこちら
速報:ついにNTTドコモから新 iPhone 登場。まずは13日から iPhone 5cの予約受付
広告

0 コメント

広告