9月20日、NTTドコモから登場する iPhone 5s と iPhone 5c では、発売当初にspモードメールが利用できず、10月1日からの対応となります。また、spモードメールのプッシュ通知については、2014年1月中旬に提供予定。新サービスとなるドコモメールは12月上旬から提供します。



「@docomo.ne.jp」のspモードメールは、10月1日より開始。spモードメール対応後、iPhoneで設定が必要です。ただし、プッシュ通知には非対応で、5 / 15 / 30 / 60 分からメールチェックの間隔をユーザー側で設定して利用することになります。

ドコモでは、spモードメールのプッシュ通知を2014年1月中旬に対応する予定。約3カ月間、プッシュ通知ができず、利用者が不便に感じることも想像できますが、ドコモではその理由を「戦略上、申し上げられない」として語っていません。

なお、iPhoneがspモードメールに対応するまでの間に受信したメールは、最大50MBまでspモードセンターに蓄積されます。ただし、閲覧や削除の操作といった操作は行えなず、送信者側には送信が完了したように見える、としています。50MBを超えると、送信者側にはエラーメッセージが届きます。

このほかドコモでは、spモードに変わる新メールサービスとして、ドコモメールの提供を計画しています。当初の計画から1年近くも提供が延びているメールサービスですが、実現すれば、いよいよ10月下旬からAndroidスマートフォン向けで開始。実現すれば、iPhone向けには12月上旬開始予定です。

iPhone 5s / iPhone 5c / iPhone 5の詳細比較、強化点や各モデル違いまとめ

iPhone 5c 実機ファーストインプレッション

iPhone 5s 実機ファーストインプレッション
ドコモ版 iPhone 5s / 5c の@docomo.ne.jpプッシュ通知は来年、理由は「戦略上」言えず。ドコモメールは12月
広告

0 コメント

広告