アップルのスペシャルイベント " We still have a lot to cover " は米国現地時間10月22日、日本時間では翌23日水曜日の午前未明から。続きで発表の様子をお伝えします。

新着情報のフォローは Twitter @EngadgetJp や、Facebook の Engadget 日本版ページ、新着記事 RSS フィードもどうぞ。

更新:主な新発表は、

iPad Air 発表9.7インチ Retinaディスプレイの iPad (大きいほう)は、約1ポンド(469g)に軽量化(従来比28%軽い)・7.5mmに薄型化して名称 iPad Air へ。iPad の象徴だった極太ベゼルも43%細くなっています。中身は iPhone 5s と同じ64bitプロセッサ A7。国内発売は11月1日。5万1800円から。

iPad mini Retinaディスプレイモデル発表。iPad mini は、2代目にして待望の Retina 化。7.9インチ画面で、大きい Air と同じ2048 x 1536px へ。今回は中身も最新の A7。11月中に発売。4万1900円から。

新 iPad の WiFi+Cellularモデル (4G LTE版) は両機種ともソフトバンクとauが販売。ドコモは「検討中」

新 MacBook Pro 発表。13インチ、15インチとも Haswell (第四世代インテルCoreプロセッサ) に。バッテリー駆動時間の延長。13インチはプロセッサーグラフィック(統合グラフィック) の Iris 。15インチは Iris Pro のみの構成と、上位は Iris Pro + GeForce GT 750M搭載。本日発売。

13インチは4GB RAM 128GB SSDで13万4800円、8GB / 256GBは15万4800円。512GB SSDは18万4800円。
15インチは8GB / 256GB / Iris Pro で20万4800円、16GB / 512GB / Iris Pro + GeForce で26万4800円。

新 Mac Pro は12月発売。標準構成で2999ドルから。

OS X Mavericks は本日リリース、無料。比較的古いハードウェアでも、世代前のOS X からでも一足飛びに無料でアップグレード可能。アプリだけでなくシステムレベルの効率化により、たとえばMacBook Air (Haswell) は Mavericks にすると駆動時間が1時間延長。(OS最適化が発売済みハードに追いついたとも言う)。





1:46AM

1:46AM

1:47AM

1:48AM

1:48AM どさくさにインテルAndroidも。



大御所ウォルト・モスバーグ氏も臨席

まずは動画から。アップルの哲学について。選択肢がありすぎる混乱を便利と勘違いしていないか、わたしたちが伝えたいのはおどろき、愛、つながり etc。シンプルさについて。


クックCEOが登壇。




冒頭のビデオについて。アップルの価値観をよく表している。発表する新製品はそれにもとづいている。

続いて iPhone 5s / iPhone 5c について。史上最高のロンチ。特別編集のビデオを上映して振り返り。







世界のアップルストアを行列人ごみガッツポーズ笑顔笑顔〜でつなぐいつものあれ。

続いて iOS 7を振り返り。



「ソフトウェアアップグレード史上」において空前。他の陣営を圧倒。






iTunes Radio の成功について。


続いて App Store の成長。

恒例の「to developer」小切手は130億ドルへ。


続いて Mac について。もっとも先進的なOSと、iOSとの「just works」な統合。


ライバルを揶揄。


われわれはシンプルに、まっすぐにイノベーションを追求している。

まずは OS X Mavericks について。

Craig Federigi に交代。

省電力やメモリの効率的仕様、GPUの活用など、ハードウェアをさらに活かす。

最新の MacBook Air (発売済み)は、Mavericks にするだけでウェブブラウズ時間が1時間伸びる。iTunes動画なら1.5時間。





メモリ圧縮。物理4GBに6GB分を圧縮してオンメモリ格納。


統合GPUの活用も大幅に進化。





アプリやUXレベルでも、Finder にタグ、Safariの進化、新 Map など。デモ開始。






プロダクティビティにタグ活用のデモ。


続いて、奥さんから服装についてツッコミのメッセージが、という体裁でメッセージング統合デモ




Safari の新機能。スクロールもGPU支援でなめらか早い!とアピール。




新カレンダーアプリは位置情報アウェア。移動時間など。

そして「great Maps app!」へ。

お、おう。



ベクタ表示の滑らかさ、3D表示はたしかにすごい。


OS X Mavericks まとめ。




Mavericks は本日リリース、無料!

2007年の iMac や MacBook Pro からでも一気にアップグレード可能。


アップルらしく、単品で買うと100ドルを超えるWindows 8.1への揶揄も忘れず。

続いてMacBook へ。フィル シラーへ交代。


MacBook Air への大好評を振り返り、今日のアップグレードは MacBook Pro 13.3インチと15インチ


新 MacBook Pro は Haswell プロセッサ、統合の iris グラフィック、9時間駆動。





Thunderbolt 2、PCIe ストレージ。

従来は1499スタートだったのが、新 MacBook Pro 13インチは1299ドルから。



本日発売!

続いて 15インチ。
非常にめずらしく、「クリスタルウェルチップ」に言及。

要するに Haswell の最上位で、Iris Pro に eDRAMがついてるやつ。



ディスクリートGPUもちゃんと搭載モデルあり。




続いて Mac Pro。

意表をついた形状とユニファイドサーマルコア構造でファンはひとつ。旧Mac Pro は小さなファンが8つだった。



中身もとんでもなく速いことをアピール。

グラフィックはワークステーション級GPUを標準でデュアル構成。



PCIe 接続の高速SSD構成。広帯域、かつ、ユーザー交換可能。



Thunderbolt 2の拡張性。映像出力は4Kマルチ接続対応。


特殊な小型筐体にもかかわらず、拡張性を重視。


Mac Pro を使うプロのコメントを紹介。


映画作家からは、自分の映画製作のやりかたが変わるだろう、云々





カメラマン、音楽プロデューサーの推薦コメント。


価格は 2999ドルから。

発売は12月、年内。




アップル製品といえば 「カリフォルニアでデザイン」と書いてあって(製造は中国)でしたが、新 Mac Pro は米国内で製造も売り。新 Mac Pro ができるまで、を動画で紹介。




(加工機械の音だけでも鼻血がでそう)。あとで貼ります。




続いて、なぜかチャイナっぽい格好のエディー・キューに交代。新アプリの紹介。iPhoto と iMovie から



すべてiOSでも64bit化した新バージョン。


iCloud との統合。iOSデバイスや Apple TVと何もせずに同期。


続いてガレージバンド。

OS X 版をデモ。



新機能「ドラマー」。曲にふさわしいドラムトラックを自動的に付加。



「ドラマー」には Kyle など名前と、演奏スタイルがある。切り替えればスタイルも変わる。実在する一流ドラマーの演奏がベース。

新 Mac と iOSデバイスで無料。



続いて iWork



iOS、OS X で新デザイン。64bit化で高速。Pages のデモ。



Numbers。「表計算を再創造」



Keynote。

トランジション効果に物理シミュレーション!くるん、とスライド単位ではなくオブジェクト単位で回ります!etc。

無闇にリアルな花火。きれいにアニメーションします。

デモ。


iCloudアカウントもiWorksもない相手にも共有。そのまま開ける。


iWork for iCloud とのコラボ編集デモ。ブラウザ上でもおなじドキュメントが開き、編集はリアルタイムで更新される。





マイクロソフトのOffice 365について、毎年ちょっとした大金が必要と揶揄。新 iWork はMac または iOSデバイス購入で無料。


ふたたびクックCEO。


いよいよ iPad について。

初代は3年半前。

当時の懐疑派の声を引用して晒しあげ。


" ネットブックの置き換えにはならないだろう "

クック:「ネットブックなんて誰も覚えてない」





にもかかわらず、大成功は売上が実証。

また競合のタブレットと比較しても、顧客満足度で#1。

「競合他社のような、スマートフォンアプリの引き伸ばしではなく、本物のタブレットアプリ」が多数あること。




識者のコメントも引きつつ、もっとも雄弁なのは、実際のユーザーが考えだした活用法。としてビデオの紹介。


プールサイドや水中やキッチンや屋外での活用シーン多数。(防水防塵ならもっとよかったね!)

教育現場、子供部屋、旅行者、スポーツチーム、アウトドアなど、これまで「コンピュータ」が使われなかった場面で iPad を活用する人々のコラージュ動画。




こうした例はしかし、iPadにとってはじまりに過ぎない、として新 iPad の紹介へ。

フィル シラーへ交代。


名称は iPad Air!!




ゴン太だったベゼルは43%狭く。


重さは1ポンド / 約450g!

薄さと軽さ、持ちやすさで「これまでの iPad とは劇的に違う体験」(シラー)





中身は A7。CPU は2倍、GPUは初代比で72倍!


iOSデバイスとして初のMIMOアンテナ対応。

(MIMOはアマゾンなど他社がしきりにアピールしていたマルチアンテナ高速WiFi技術のこと)





価格は499ドルから(WiFi 16GB)。発売は11月1日。

iPadとして始めて、第一陣の市場に中国が含まれる。iPhone 5s / 5c と同じ。

日本も11月1日発売。



サー ジョニー アイブほかが語る iPad Air 開発、のビデオ上映。




バッテリーはかわらず10時間。カメラも強化。

続いて、iPad mini

Retina 化きた!!


7.9インチで、フルサイズのiPad (Air)と同じ2048 x 1536。


中身も最新の A7へ。64bit 命令セット対応。

10時間駆動。WiFiは 2倍速いMIMOアンテナ構成。

カメラもFaceTime HDに強化。

こちらは11月中に発売。



iPad mini (現行、Retinaでないほう)も値下げして継続。

iPadは mini 、mini with Retina、iPad 2, iPad Air の4モデル展開へ。



樹脂と革カバー。Product RED チャリティ版も。


クックCEOが戻って本日のまとめ。

iPad Ari / iPad mini Retinaディスプレイについて、「これほど誇らしい製品はない」と表現。

iPad Air のコマーシャル。







懐かしい、鉛筆とおなじうすさアピールでありつつ、鉛筆とおなじくらいどこでも使われることを示す。


Thank you for Joining Us ! で締め。お疲れ様でした。

(中継はここまで。加筆訂正と、個別記事へのリンク、動画の追加に入ります)
速報:アップル10月22日スペシャルイベント。iPad Air, iPad mini Retinaディスプレイ、新MacBook Pro 発表
広告

0 コメント

広告