Sponsored Contents

hddの最新記事

Image credit:

HGST、世界初のヘリウム封入HDD Ultrastar He6を発売。3.5型6TBの7プラッタ構成

Ittousai , @Ittousai_ej
2013年11月5日, 午後05:31 in Hdd
461 シェア
152
191
30
9
79

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事



Western Digital傘下のHGSTが、容量6TBの3.5インチHDD Ultrastar He6 の出荷開始を発表しました。Ultrastar He6は、HGSTの HelioSeal 技術を導入した業界初のヘリウム充填密閉型ドライブ。

密度が低く抵抗の少ないヘリウムを充填することで、従来の5プラッタ4TBモデルと同じ厚みで7プラッタ(『7Stac』) 6TB容量を実現しました。また密閉型の構造により、高密度化の進むサーバ機器で注目される液冷にも対応可能としています。


HGST Ultrastar He6の主な仕様は、3.5型フォームファクタ、SATA 6Gb/sおよびSAS 6Gb/s接続、7200rpm、64MBバッファ、MTBF 200万時間など。

消費電力はアイドル時で5.3W(SATA) / 5.7W(SAS)、ランダムRW時で7.3W (SATA) / 8.7W (SAS)。3.5インチ4TBモデルと比較して約23%、テラバイトあたりでは約49%下がっています。

重量は約640g。プラッタは5枚から7枚に増えつつ4TBモデルより約50g軽くなり、容量あたりでは38%軽くなりました。

HGSTいわく、ヘリウム充填密閉型ドライブ技術は、初の製品となる Ultrastar He6 で容量増加や軽量化、消費電力減を実現しただけでなく、今後の SMR (shingled magnetic recording, シングル磁気記録)や HAMR (Heat-Assisted Magnetic recording, 熱アシスト磁気記録)といった技術の実用化につながり、HDDの記録密度をさらに向上させる意義を持つとのこと。Ultrastar He6 はすでに出荷中。データセンターやサーバなど業務用の製品です。

461 シェア
152
191
30
9
79

Sponsored Contents