Sponsored Contents

bluetoothの最新記事

Image credit:
Save

Bluetooth 4.1 正式発表。SMART機能を強化、通信を意識させない「モノのインターネット」へ

Hiromu Tsuda, @boobyn
2013年12月6日, 午後03:00 in Bluetooth
174シェア
0
174,"likes":26
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View



Bluetooth SIG が Bluetooth 4.1を正式発表しました。Bluetooth 4.1では、よりインテリジェントな通信が提供できるようになり、IPv6もサポート。開発次第ではありますが、より幅広いBluetooth Smart(Bluetooth Low Energy)対応製品が登場することになりそうです。

なお、正式発表前に開催された先日の説明会では、Bluetooth 4.1はソフトウェアの更新によって、既存のBluetooth 4.0対応製品をバージョンアップできると話していました。



Bluetooth Smartは、低消費電力で近距離通信対応のセンサーなどとして利用できるBluetooth Low Energyに対応製品のブランドネームです。Bluetoothは、無線免許が不要な2.4GHz帯の通信規格として、これまでPCやその周辺機器、ケータイやヘッドフォン、スピーカーなどさまなざまな機器に採用されています。

Bluetooth 3.0までの機能拡充、高速化の流れ対し、それまでのバージョンと互換しないBluetooth 4.0は、通信速度は最大で1Mbps程度ではあるものの、ボタン電池1つで何年も駆動するなど、単機能で省電力なセンサー機器などでの利用を想定したものです。



Bluetooth 4.1では、それが高機能化します。たとえば、Bluetooth 4.1対応の腕時計では、スマートフォンに受信したメッセージを腕時計側で表示しながら、Bluetooth機器のハブとして、他の対応機器から歩数や心拍数のデータを収集するといった使い方もできるようになります。

通信エリアに入ると再接続をする機能もあり、自動的に接続が完了します。その場から離れると別の機器に繋がり、戻ってくると再び繋がるため、たとえば、日常のライフログデータや運動時に計測したデータを、帰宅時にBluetooth 4.1対応機器が勝手に吸い上げてクラウド上で管理する。そんな通信を意識させない効率の良いガジェットの運用が実現します。

このほか、IPv6のサポートや、LTEとBlutooth機器間での相互通信干渉を抑制する技術なども盛り込まれました。Bluetooth SIGでは、Bluetooth 4.1によって「モノのインターネット」をさらに加速する、とアピールしています。Bluetooth 4.1の技術仕様はこちら



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

174シェア
0
174,"likes":26
0

Sponsored Contents