Sponsored Contents

air multiplierの最新記事

Image credit:
Save

ダイソンの羽根なしファンに最大75%静音の新モデルDyson Cool AM06 / AM07、ヘルムホルツ空洞でノイズ低減

Ittousai, @Ittousai_ej
2014年3月7日, 午後04:22 in Air Multiplier
92シェア
0
92
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View


「弊社スタッフの3分の1は科学者かエンジニアです」(ドヤッ!) と言われても素直に納得せざるを得ないダイソンが、あの羽根なしファンの新製品 Dyson Cool AM06 / AM07 を国内発表しました。

新製品の特徴は、エアフローの最適化やヘルムホルツ式空洞の導入により、送風性能は維持しつつ最大で75%静音化したこと。

ダイソンの羽根なしファンといえば、まず腕をつっこんだあとの感想は「わりと音は大きいね」「わりと良いお値段するね」が多かっただけに、静音化は大きな進歩です。また気流の最適化で効率が向上したことで、最大40%の消費電力低減も果たしています。




製品概要と静音化の原理は公式の解説動画をどうぞ。 ヘルムホルツなんだって?の部分は、二本目の動画でスピーカーの前にチューブを取り付けた実験でよく分かります。公式の解説は:

・音の吸収:1,000ヘルツの音(蚊の羽音が出すノイズの周波数に近い音)を本体土台にあるヘルムホルツ式空洞でとらえます。

・ヘルムホルツ式空洞:ヘルムホルツ共鳴の現象を応用し、運転音量や音質が向上させました。この原理は、高品質のスピーカーや車の排気口にも応用されています。音波がヘルムホルツ空洞に入ると、空洞内で変動圧力が作用しノイズが中和されます。Dyson Cool(TM) ファンでは、モーターから発生した音響エネルギーの多くは本体内で吸収されます。

・気流の抑制:円形パーツの下部にスペースを確保し、空気の経路を再設計しました。新たに設計されたディフューザーで空気の流れを2つの経路に分けて制御し、効率的にループに空気を送りこむことで、空気の流れをスムーズにし乱気流と運転音を低減させます。




国内向けの新製品のラインナップは、背が低いテーブルファン AM06 300mm がブラック / ニッケルとホワイト / シルバーの2種、細長いタワーファン AM07 がブラック / ニッケルとアイアン / サテンブルーの2種。

付属のリモコンでは10段階の風量調節と、日本市場向けに追加されたというタイマーを操作できます。オフタイマーは15分から9時間まで9段階。

AM06, AM07 とも、国内発売は4月30日。価格はオープン、想定店頭価格は小さいほうが税抜きで4万800円、背の高いほう AM07 が5万4800円。羽根のある扇風機と比べてわりと良いお値段はそのままです。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Dyson
関連キーワード: air multiplier, AM06, AM07, dyson, dyson cool, fan
92シェア
0
92
0

Sponsored Contents