マイクロソフトが iPhone や Android スマートフォン用のモバイル版Officeアプリ Office Mobile をリリースしました。iPhone版、Android版とも日本のストアから無料でダウンロードでき、文書の閲覧や作成、編集が可能です。個人で利用する場合、Office 365の有料サブスクリプションは不要。



マイクロソフトは iPad版の Office for iPad も同時にリリースしましたが、iPadのほうは名称も「Office for iPad」で正統な(?) フル機能 Office アプリであるのに対して、iPhone / Androidスマートフォン向けは「Office Mobile」の名が示すようにあくまでモバイル版の別物。Office文書を出先で軽く確認したり、編集を加えるための補助的なコンパニオンアプリの位置づけです。

かつては「Office Mobile for Office 365 Subscriber」の名称で、クラウドサービス版Office にあたる Office 365へのサブスクリプションが必須でしたが、今回は個人であれば無料ですべての機能が使えるバージョンとして改めてリリースされました。(ビジネス用途で使うには、有効な Office 365サブスクリプションが必要です)。日本語にも対応し、日本の App Store や Google Play Store で無料インストールできます。

コンパニオンアプリとはいうものの、モバイル版としての基本機能はさすが純正品らしくしっかりと作られています。Word, Excel, PowerPoint文書は、グラフや SmartArt にも対応し、正しい見た目で表示可能。編集機能は基本的なものしかありませんが、編集しても文書のフォーマットを破壊することはありません。文書の新規作成は Word と Excel で対応。PowerPoint は簡単な編集のほか、プレゼンの再生に対応します。



Microsoft Office Mobile (App Store)

Microsoft Office Mobile (Google Play)
マイクロソフト、Office Mobileを個人向け無料化。iPhoneとAndroidスマートフォン用に国内でも配信
広告

0 コメント

広告