マイクロソフトの開発者イベント Build 2014 より。Windows 8.1以降のアップデートとして、「スタートメニュー」が復活することが分かりました。





Windows 8から8.1へのアップデートではユーザーからのフィードバックに応えて「スタートボタン」は復活しましたが、押して表示されるのはWindows 8 から導入のタイル状スタート画面でした。

Build 2014 オープニングキーノートで突然チラ見せ予告されたアップデートでは、デスクトップから画面を切り替えることなく、Windows 7 まででおなじみの階層化メニューがポップアップする、いわゆるスタートメニューが復活します。

しかもただ旧UIが復活しただけでなく、検索窓やショートカット、階層化メニューなどはそのままに、スタート画面からのライブタイルも一部が表示されています。

マイクロソフトがデバイスを横断して導入したタイルUIは、単に四角いアイコンを敷き詰めてタッチしやすいというだけでなく、天気アプリならば天気予報のアイコンや気温を、写真ならば新着のスライドショーを、ニュースならば見出しと写真など、アプリを開かずに最新の状況が一覧できる Liveタイルが魅力です。

ライブタイル付き復活スタートメニューは、Windows 8.1への今後のアップデートとして提供予定。ただし時期は明言されていません。同じ画面写真に写っている「ユニバーサルアプリのウィンドウ内実行」も、同時かどうかは不明ながら同様のアップデートで提供されます。


更新:マイクロソフトによれば、Build 2014でチラ見せされた画面はあくまで開発中であり提供時期は未定。関係者の発言では8.1系列ではなく2015年の次期Windows " Threshold " で導入という話もあります。反映して、見出しを「8.1へのアップデート」から「8.1以降で」に更新しました。
マイクロソフト、Windows 8.1以降でスタートメニューを復活。ライブタイルつき(更新)
広告

0 コメント

広告