KDDIは、2014年夏より2つの周波数を同時利用できるキャリアアグリゲーション(CA)技術を導入します。これにより受信最大150Mbpsを実現します。なおCA技術がこのまま提供されるとすれば、国内初の導入となります。

KDDIはLTEネットワークの説明会を開催し、現在KDDI技術統括本部長の内田義昭氏が登壇中。速報でお伝えします。

KDDI LTEネットワーク説明会

すべての写真を見る

32 枚


 

CA技術は、複数の周波数を重ねて同時通信できるというもので、本物の4GともいえるLTE-Advancedの1つの特長です。KDDIは現在運用している2.1GHz帯と800MHzを束ね、同時利用することで75Mbps x 2、つまり受信最大150Mbpsを実現する計画です。

現在のLTE規格は、連続した20MHz帯しか使えませんが、CA技術によって複数の周波数が重ねられます。KDDIでは800MHz帯の10MHz幅、2.1GHz帯の10MHz幅を重ねて150Mbpsを実現します。

利用するにはCA対応のauのスマートフォンが必要。導入時の対応エリアは約2500地点(2.1GHzのみ20MHz幅の地点含む)で、2015年3月末には全国2万地点を目指すとしています。

説明会

内田技術統括部長が登場。現在のLTEの状況を説明。日本は米国に次ぐ2位のLTEネットワークを持ち、その中でauのLTE網は実人口カバー率で99%をエリア化。内田氏はKDDIのLTEエリアが圧倒的な広さがあるとして、全国の「道の駅」でも使えるとアピールしています。

800MHz帯は広く面をとる作戦でLTEを広げるKDDI、もう一方の2.1GHz帯はというと、2015年3月末にも90%を超える計画。2.1GHZ 帯のエリアが拡がらなければCA技術も速度が出ません。

LTE-AdvancedでKDDIはどこを目指すのか。広帯域化、小セル化、多アンテナ化の3つのキーワードを紹介しました。広帯域化は今回のCA技術で、小セル化はeICICやCoMPという干渉抑制技術や協調技術、多アンテナ化はMIMOで展開します。



それでは今回のCA技術、一体これはなんなのか? 内田氏は「800と2.1、10MHz幅ずつを重ねて仮想的に広くし高速通信技術を行うもの」と説明しました。

中でもCA技術は安定した高速通信が特長と話しました。同時に電波を受けられ、約2倍のスループットが出る計算。ただし、これは2.1GHz帯のエリアが拡がらなければそうなりません。

またCA技術では、AとB、2つの周波数を重ねて高速化できるだけでなく、たとえばAの周波数が不安定になった場合にBの周波数で補完できるため、結果的に利用者は安定した通信と感じやすくなります。通信が快適になれば渋滞が解消されるため、空いている部分を使ってネットワークの効率化がはかりやすくなります。

対応は2014年の夏モデルから。通常、携帯電話会社の夏モデルは、5月の連休以降、6月には発表されます。この中で発表するモデルがCA技術対応となる模様。

なおCA技術は、スマートフォンやタブレットなど端末側だけでなく、基地局側の設備もサポートする必要があります。対応局は現在700局程度と少なく、これも広げていく必要があります。

内田氏は「2.1GHzと800MHz帯それぞれ10MHz幅使って150Mbpsを実現しますが、20MHz幅が使える空いている場所では2.1GHz帯だけで高速化もする」と話しています。



要するに、KDDIでは受信最大150Mbpsのエリアを、CA技術で対応するエリアと、20MHz幅の2.1GHz帯単独で実現するエリアを用意するということです。開始当初、2500地点、来年3月末には2万地点にまで拡大する計画。なおCA技術で150Mbpsにするエリアと、2.1GHz帯単独で150Mbpsを実現するエリアの割合は明らかにしていません。

KDDIでは、eICICなども年度末までに提供予定。

質疑応答

Q:大きく3点。先行導入できる背景、CA技術の優位性がどの程度続くか。最後は確認、ドコモの150Mbpsの表があるがこれは、現状の150Mbpsということか。
A:先行導入できたのは、2.1GHz帯でLTE開始以降すぐに800MHz帯でもLTEを開始したため。それが大きい。CA技術の優位期間は他社がどう採用するかによって変わるためなんとも言えない。ドコモの表はその通り。

Q:WiMAX 2+との使い分けはどうするのか? 対応機種はCA技術導入しているところは、モバイルルーターだけだったりする。スマートフォンで複数機種出るのか? 実行速度はどの程度出るのか?
A:WiMAX2+については搭載を検討している、としか現段階では言えない。CA技術搭載はスマートフォンです。機種数はノーコメント。実行速度は、時間帯やその場所にお客がどれだけいるかによって変わるが「結構出る」という印象。ドコモの150Mbpsの速度より必ず勝てるか? と言えば時と場合による。必ず勝てるというものでもない。

Q:2.1GHz帯の20MHz幅はいつか? eICICはいつか?
A:そう言ってしまったが20+10MHz幅、標準化後。eICICは年内に実験、ネットワーク側の技術となるため端末はそのままでいけるはず。

Q:CAやるには基地局同士の連携が必要とあるが、どんな制限があるのか?
A:具体的にはケーブル接続。同じ基地局にある無線機をケーブル接続する。今のところは同じベンダーで接続する。

Q:LTE-Advancedとして売るのか、CAとするのか、韓国のようにLTE-Aとするのか?
A:現在検討中。
速報:auが夏のスマホにキャリアアグリゲーション技術導入、75Mbps x 2で150Mbps全国展開。国内初
広告

0 コメント

広告