Sponsored Contents

192KHzの最新記事

Image credit:
Save

DSD 2.8MHz対応ポータブルハイレゾプレーヤー FiiO X5 発表、USB-DAC機能も搭載

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年5月1日, 午後12:32 in 192Khz
85シェア
0
85,"likes":6
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
ポータブルヘッドホンアンプなどに強いメーカー FiiO が、ハイレゾ対応のポータブルプレイヤー FiiO X5 -JAPANESE EDITION- を国内発売します。最大 192kHz/24bit のハイレゾ音源再生に対応するほか、DSD 2.8MHz 再生に対応するファームウェアも準備中です。

Gallery: FiiO X5 | 12 Photos

12


FiiO はPC 用のオーディオインターフェースや、ポータブルヘッドホンアンプなどを主に製造する中国のメーカーですが、昨年発売したハイレゾ対応のポータブルプレーヤー X3 は厚みのある音質が特徴で話題となりました。また大ヒットした Astell & Kern の製品に比べて安価なところも魅力でした。
 

 
今回国内発売となる X5 は、 X3 の上位モデルを日本向けにカスタマイズしたエディション。外見的には iPod Classic に似たホイールが特徴です。ホイールは物理的に回転するタイプで、国内発売版はオリジナルと異なりやや高級感ある、サンフラワーモチーフのデザインに置き換えられています。

X3 同様、最大 192kHz/24bit のハイレゾ音源に対応します。ファイル形式は FLAC /ALAC /WAV /APE が最大 192kHz/24bit、WMAは 96kHz/24bit までの対応。ほか AAC/MP3/OGG。ファームウェアアップデート後は DSD 2.8MHz までの DSF /DFF 形式にも対応します。

音楽再生時の便利機能としては、ギャップレス再生、電源オフから再投入すると、直前に聴いていたところから再開するメモリー再生機能、歌詞、およびアートワーク表示、10バンドのグラフィックイコライザーなどを備えます。

 
 
標準でアシンクロナス伝送対応の USB-DAC 機能も搭載しており、こちらも最大 192kHz/24bit まで再生可能。OSは Windws 8.1、OS X Mavericks に対応します。Windows には専用ドライバーが必要です。

2.4型、解像度 400 x 360px のディスプレイには日本製の IPS 液晶を使用。DAC チップには太く深い音が特徴と言われる TI (BurrBrown) PCM1792 を搭載します。再生周波数帯域は 10Hz~20kHz。SN 比は 115dB。

内蔵ストレージは搭載しませんが、とにかく容量を必要とするハイレゾ音源を収めるため、最大 128GB までのSDXC対応 microSD スロット x2 を搭載。合計で 256GB のライブラリーを持ち歩けます。将来的には OTG ケーブルで外部ストレージとの USB 接続もサポートする予定とのこと。
 
 
入出力には3.5mm ステレオミニのヘッドホン出力とライン出力、デジタル音声出力を備えます。対応するヘッドホンのインピーダンスは16~150Ω。

内蔵バッテリーは連続で約10時間の再生が可能。充電時間はUSB-ACアダプター使用で約4時間、USBバスパワーで約8時間。

大きさは縦114 x 横67.6 x 厚さ15.6mm。重さは195g。シリコンケースが付属します。

発売日は5月10日。オープン価格ですが、予想実売価格は4万9800円前後。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

85シェア
0
85,"likes":6
0

Sponsored Contents