Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

犬用のひとり遊びゲーム CleverPet、外出先からのネット経由モニタリングにも対応

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年5月9日, 午前10:48 in Cleverpet
210シェア
0
210,"likes":18
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
 
遠隔操作で犬のしつけができる ClevarPet がクラウドファンディングサービス Kickstarter でキャンペーンを開始しました。どこからでも猫と遊べる Kittyo と同様に、インターネット環境があれば外出先からでも犬におやつをあげられます。また、ボタンを押すルールを決めて遊ばせることもできます。
 

Gallery: CleverPet (Kickstarter) | 9 Photos

9

 

 


CleverPet は3つのボタンを使い、段階を踏んで犬をしつけることができます。たとえば、最初は ClaverPet に興味をもたせるため、ただドッグフードを出してやります。つぎはボタンが光り、最低ひとつはボタンを押す、第3段階は光ったボタンを押す、さらに次の段階では光の色が変わったらそれを押すといった具合に、難易度を上げていくことで犬の学習能力を伸ばしていけます。

ボタンの光だけでなく内蔵のスピーカーを使い、飼い主があらかじめ録音しておいた音声で「右」、「左」、「真ん中」などと犬に指示を出したりもできます。

犬が課題をクリアできたかどうかは、インターネット上の専用サイトや手元のスマートフォンアプリでいつでも確認できます。また、毎日のしつけのスケジュールを組んで、自動実行も可能です。ただし、ご褒美として出せるドッグフードはわずかな量なので、CleverPet に犬の食事を任せて旅行に出かけたりはできません。
Kickstarter での状況を見てみると、キャンペーン開始後の1週間で目標の100万ドルに対して出資額は70万ドルに到達しています。募集期間はまだまだ始まったばかりで、このままの勢いが続けば目標出資額は達成できそうです。

CleverPet を入手するには400台限定、早期割引きがついた159ドルの枠があります。通常出資枠は199ドル。米国外への発送には35ドルの送料負担が必要です。

目標額を超える出資が獲得できたうえで、CleverPet プロジェクトが作ったスケジュールどおりにいけば、製品出荷の時期は2015年2月ごろ。ただし、クラウドファンディングの常識として、プロジェクトは遅れるものと思っておく必要があります。また、プロジェクトが中止になることもよくあります。

さて、冒頭で触れた Kittyo は、猫の様子を見られるカメラ付きで 119ドルでした。CleverPet は早期割引で 159ドルしますが、カメラはありません。もし、購入を検討しつつ、カメラ機能も欲しいと思ったら、遠慮することなく出資の際に「カメラを付けてほしい」といった要望も出しておきましょう。プロジェクトにもよりますが、出資者の意見を反映した仕様変更がないとも限りません。言わないよりは言っておくほうが製品となって手元に届いたときに満足できるはずです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Kickstarter
関連キーワード: CleverPet, dog, dogs, kickstarter, pets
210シェア
0
210,"likes":18
0

Sponsored Contents