Sponsored Contents

CompactCameraの最新記事

Image credit:

ソニー Cyber-shot RX100 M3 正式発表、税別 8万8000円で5月30日発売

Shinichi Sekine , @sekine_s
2014年5月16日, 午後03:26 in Compactcamera
577 シェア
221
219
0
137

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事



ソニーが、コンパクトデジタルカメラ CyberShot RX100 M3を正式発表しました。発売日は5月30日。ソニーストアの販売価格は税別8万8000円。

スペック面では既報の通り、35mm判換算で24-70mm相当、開放F1.8-2.8の2.9倍ズームレンズを新たに搭載し、ポップアップ式の内蔵EVFや180度チルト式背面モニターを採用しています。

Gallery: RX100 M3 | 11 Photos

ズームレンズに含まれる高度非球面レンズの一部には、ガラス非球面レンズ接合技術を使用。2枚のガラス非球面レンズを高精度に接合することで、広角で明るいレンズとレンズユニットの小型化を両立するとともに、球面収差や色収差を補正する技術です。デジタルカメラ用レンズに用いられるガラス非球面レンズにおいて世界初としています。




内蔵EVFは有機ELファインダー。光学系にはZEISS T*コーティングを施すことで、フレアや映り込みなどを抑えています。

また、XAVC Sフォーマットでの動画記録も可能になりました。XAVC Sは、ソニーが開発した民生用4K対応動画記録フォーマット。規格上は150Mbpsのビットレートで3840×2160ドット、60pまでの動画記録が可能ですが、RX100 M3では50Mbps、1920×1080ドット、60pまでの対応となっています。ちなみにフルHD向け動画記録フォーマットAVCHDの最大ビットレートは28Mbps。また、1280×720ドットで120pの動画も撮影可能です。

ハードウェア部分の変更で外観は変わっていますが、そのほかの主な仕様はRX100 M2とほぼ同様。

約2090万画素の1型裏面照射式CMOSセンサーを搭載。画像処理エンジンはBIOZ X。内蔵Wi-FiやNFCによるスマートフォンやタブレット端末との連携機能を装備。本体サイズは101.6×58.1×41mm。重量は290g。

Source: Sony
関連キーワード: CompactCamera, cyber-shot, RX100 III, SONY
577 シェア
221
219
0
137

Sponsored Contents