Sponsored Contents

appsの最新記事

Image credit:

PFU『SnapLite』発表、iPhoneをスキャナにするデスクライト&アプリ。5月28日発売

Ayako Nakamura
2014年5月21日, 午後02:01 in Apps
2643 シェア
999
523
288
44
789

連載

注目記事

人気記事



スキャナのScanSnapでおなじみ PFUが予告していた謎の新製品 SnapLite は、iPhone カメラでの撮影に便利なデスクライト+スキャナアプリでした。

専用アプリをインストールしたiPhoneを本体上部に載せ、SnapLite側のボタンを押すことで、下に置いたドキュメント類を撮影してスキャナとして取り込んだり、立体物をきれいに撮影できる製品です。iPhoneとはBluetoothで接続します。

手ブレせず明るく影が入らない写真が撮れるほか、レーザーガイドで撮影範囲を示したり、アプリ側に自動傾き補正やトリミング機能を備えるなど、手軽ながら高いスキャン能力が特徴です。



照明器具としての機能も高く、iPhoneアプリを使って色・明るさを離れた所からコントロールできます。LEDライトの明るさは5段階、色は細かい作業などに合う白色と、リラックスモードに合う暖色の2色。また本体背面にあるUSBポート1基を使えばデスク周辺の小物の充電もできます。



ドキュメントスキャンのモードも豊富。一回の撮影に収まらない大きなサイズのドキュメントでも、複数回に分けて撮れば画像認識で自動的に一枚になる合成モードも備えます。



逆にレシートなどの小さな紙の場合、1枚1枚繰り返し撮影しなくても、複数枚を一度に並べて撮れば、自動的に1枚ずつの画像としてカメラロールへ保存できます。

また両手を自由に使えることで、コマ送り撮影など、今までiPhone単体では難しかった撮影方法もできます。同時に手ブレを防止し、ドキュメント撮影に適した照明下でキレイな画像を残せます。

スキャンしたデータはアプリ側のシェアボタンでメールしたり、Twitter、Facebook、instagramなどのSNSで共有が可能。iPhoneの家計簿アプリやコラージュアプリなどと連携し、日常に密着したドキュメントを簡単に集めてシェア・活用できます。

iPhoneアプリの対応機種はiOS6.0以降のiPhone5、5s、5cとなっています。


SnapLite のキャッチコピーは、「まいにちを集めよう まいにちをシェアしよう」。

撮影する対象としては紙類のほか「雑貨やアクセサリ、ネイルアートなど」。スキャナアプリは自動マルチトリミングや傾き補正、合成モードなど高度な機能を備えつつ、iPhone を簡易なドキュメントスキャナにする製品というよりは、SNSでの写真共有などに使える汎用の撮影スタンドとして、これまでスキャナの必要性を感じなかった層も狙った製品です。

価格は税込み1万2800円。発売は5月28日。

【SnapLite詳細仕様】

本体サイズ(W × D × H):75mm × 158mm × 360mm
本体重量:0.65kg
LED照明機能:LED × 2個(黄:2700K、白:5000K)
操作部:撮影ボタン、照明切り替え(黄/白/OFF)
読み取り範囲:A4:210 × 297mm
USB給電:1個(5V 2.1A:iPhone/iPad急速充電可)
iPhone間通信:Bluetooth Ver 4.0
データ出力ファイル:jpeg
アプリ対応機種:iPhone5、5s、5c
アプリ対応OS:iOS6.0以降
アプリ側撮影機能:自動台形補正、自動傾き補正、自動トリミング、自動マルチトリミング、自動A3合成、自動色味補正、ライティング、レーザーガイド
アプリ側撮影時タイマー:0秒、0.5秒、1秒、2秒、3秒
その他アプリ側機能:画像編集(回転、トリミング)、照明設定(ライトON/OFF、照明色変更、明るさ調整)


PFU『SnapLite』発表会レポート。日常に溶けこむ新しいスキャナーの提案

PFU『SnapLite』インプレ:撮影の手軽さと応用力、部屋で浮かないデザイン

関連キーワード: apps, iphone, light, pfu, scanner, scansnap, snaplite
2643 シェア
999
523
288
44
789

Sponsored Contents