本日開催のソフトバンク新機種発表会より。ソフトバンクは2014年12月以降、5.5インチ画面のシャープ製スマートフォン AQUOS CRYSTAL Xを発売します。

2014年秋冬シーズンの新機種はAQUOSブランドより2機種を発売予定。AQUOS CRYSTAL Xは8月29日発売のAQUOS CRYSTALの上位機種(プレミアムモデル)と位置づけられています。



特徴はディスプレイのフチが細い「フレームレス」デザイン。同じ横幅のスマートフォンよりも相対的に大きな画面でWebページのブラウジング、写真撮影や閲覧、動画の視聴が可能です。



フレームレスデザインとは、液晶ディスプレイ周囲のフレームを極力細くした構造のこと。シャープが開発した「狭額縁液晶パネル」と「エッジカットを施した前面パネルによる光学レンズ効果」により、実現しました。



また、高音質技術「CRYSTAL SOUND」を搭載。Harman社のサウンドエフェクトエンジンにより音楽データを圧縮する際に失われた音の情報を復元する「Clari-Fi (クラリファイ)」と、音楽に広がりを持たせて臨場感を実現する「LiveStage」によって、高音質な音楽を楽しめるとうたいます。



カラーバリエーションはホワイト、レッド、シルバーの3色。音声はVoLTE (ボルテ:3Gデータ通信を高速化したLTE方式で、音声通話をパケット通信として提供する技術)を採用。高音質の通話ができる「HD Voice」に対応しています。

また、下位モデル Aquos Crystal には非搭載のワンセグとおサイフケータイを搭載。日本のスマホに要求される機能を十分に備えていると自信をのぞかせています。

なお、本端末は現在開発中のため詳細仕様の一部ならびに価格は未発表です。


【AQUOS CRYSTAL X主な対応サービス・機能(予定)】
Hybrid 4G LTE、プラチナバンド対応、世界対応ケータイ、テザリング
緊急速報メール、S!メール(MMS)
NFC、おサイフケータイ、GPS、Wi-Fi、Bluetooth、ワンセグ、SoftBank HealthCare、子育てサポート

【AQUOS CRYSTAL X主な仕様】
国内通信方式:W-CDMA方式(900MHz/2.1GHz) 、FDD-LTE方式(900MHz/1.7GHz/2.1GHz)、 AXGP方式(2.5GHz)
海外通信方式:W-CDMA方式(900MHz/2.1GHz)、 FDD-LTE方式(1.7GHz/2.1GHz)、 GSM方式(900MHz/1800MHz/1900MHz)
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ: 約73×139×11mm[暫定値]/未定
連続通話時間/連続待受時間: W-CDMA網 未定、 GSM網 未定、 FDD-LTE網 未定 AXGP網 未定
ディスプレー: 約5.5インチフルHD(1,920×1,080ドット)、 S-CG Silicon液晶(最大1,677万色)
メインモバイルカメラ:有効画素数約1,310万画素/CMOS(F値1.9・AF・手ぶれ軽減)
サブモバイルカメラ:有効画素数約120万画素/CMOS
外部メモリー/推奨容量:microSDXCカード/未定
内蔵メモリー:ROM 16GB RAM 2GB CPU(クロック数/チップ)、 2.3GHzクアッドコア/MSM8974AB
電池容量:2,610mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数):IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)、Bluetooth 4.0
プラットフォーム:Android:4.4.4(KitKat)


訂正:当初CRISTAL X を日米共通モデルとしていましたが、 正しくは日本専売モデルです。X のつかないCRISTAL は日米で販売されます。お詫びして訂正いたします。
ソフトバンクAQUOS CRYSTAL Xは12月発売。5.5型フルHD液晶の「フレームレス」端末

0 コメント