アップルは、一部の iPhone 5 にバッテリー駆動時間が急に短くなる不具合があることを発表しました。該当製品のユーザーに対して、無償で回収してバッテリーを交換するプログラムを8月29日より開始します。


アップルの告知によれば、具体的な症状は「バッテリー駆動時間が急に短くなったり、より頻繁に充電が必要になったり」する現象。

​対象は2012年9月から2013年1月のあいだに販売された iPhone 5 のうち、特定のシリアル番号のもの。アップルのサポートサイトにある iPhone 5 バッテリー交換プログラムのページでシリアル番号を入力して対象かどうか確認できます。

アタリを引いていた場合、交換手続きは8月29日からアップルの正規サービスプロバイダか、直営アップルストア、またはテクニカルサポートで受付けます (米国および中国では8月22日から開始済み)。

交換には本体をアップルに預ける必要があるため、データを消したくない場合、あらかじめPCの iTunes かクラウドの iCloudへバックアップが必要です。(iPhone 5 世代となるとPCレスで運用している人も多そうですが、iCloud のデフォルト5GBで足りない場合は有料で容量を増やすなり、信用できるPCを使う必要があります。)

なお、すでに自費でバッテリーを交換していた場合、その iPhone 5 が今回のプログラムの対象であれば、アップルに問い合わせて返金を受けられます。あと半月程度で2世代先の新 iPhone が発表されそうな時期になってようやく発表されるのもなんとも渋い話です。
iPhone 5 の一部にバッテリーが急激に減る不具合、アップルは無償交換で対応
広告

0 コメント

広告