開催中のスペシャルイベントより。アップルが、iPhone 6およびiPhone 6 Plusで利用できる電子決済サービス Apple Payを発表しました。

決済用のクレジットカードやデビットカードを内蔵カメラで撮影すると、カード情報を自動的に認識して銀行に照会し、利用できるようになります。iTunesの決済用カードをPassbookに追加することでも追加可能。

決済時にはワンタイムナンバーのみ店舗やサービスに伝える仕組み。NFCに対応したiPhone 6とiPhone 6 Plusで新たに利用できるようになる機能です。

2014年10月に予定しているiOS 8のアップデート内容のひとつとして提供を開始する予定ですが、iOS 8とiPhone 6 / 6 Plusのリリースよりはやや遅れる見込み。提携するクレジットカード会社はVISA、MasterCard、American Express。

Apple Pay

すべての写真を見る

15 枚




Touch IDの指紋認証およびセキュアエレメントと連携することで、導入するストアやアプリならば、オンライン決済でも、カード番号や住所入力を使わずに、Touch IDの指紋認証で決済が完結します。店舗側にカード情報を渡すことなく決済できる点がメリットのひとつです。アップル側でも取引データの蓄積は行わないとのこと。

もし端末を紛失した場合はiCloudの『iPhoneを探す』機能からカード情報などの削除や支払いの一時停止が可能。『固定のクレカ番号とセキュリティコードが洩れたら面倒』から進歩しています。

使用できる店舗の一例としては、WalgreensやStable、マクドナルド、Whole Foods、Uber etcで導入。全米22万箇所で使用可能になります。APIも公開予定。対応アプリ上での決済も可能になります。



サービス自体は米国からスタートですが、近い将来の世界展開に向けて準備中です。今年のうちはiPhone 6とiPhone 6 Plusでのみ利用できる機能ですが、2015年に発売予定のApple Watchでも利用可能。音と振動で決済の完了を伝えます。

速報:電子決済サービスApple Pay発表。iPhone 6/6 Plus内蔵カメラでカード情報を登録
広告

0 コメント

広告