アップルのスペシャルイベントiPhone 6iPhone 6 Plusが発表されました。新モデルはこれまでの下り最大100Mbps(LTE Category 3)から、下り最大150Mbpsをサポートしています。発売はiPhone 5s同様にNTTドコモ、au、ソフトバンクの3社から。

また今回の新モデルはTD方式のLTEにおいてバンド41に対応。UQコミュニケーションズのWiMAX 2+、そしてWireless City Planning(WCP)のAXGPが規格上利用できるようになります。国内ではauがWiMAX 2+を、ソフトバンクがAXGPをSoftBank 4Gとして提供しており、iPhone 6 /6 PlusではこうしたiPhoneにとって新しい回線が利用できる可能性もあります。ここでは携帯各社の対応通信状況をまとめます。



LTE Category 4

イベントで明らかになった150Mbps対応は、そのまま素直に解釈すればLTEのUE Category 4をサポートしていることになります。UEはUser Equipmentの省略。3GPP(標準化団体)ではLTEを5つのカテゴリーに分けており、簡単に言うと数字が増えるとより高速な通信速度に対応しています。

iPhone 5sは下り最大100MbpsのCategory 3対応でした。今回のiPhone 6は下り最大150Mbps、つまりCategory 4をサポートしていることになります。これが理論上の通信速度の上限です。このCategory 4の150Mbps を現時点で実現している携帯会社はNTTドコモとKDDIの2社となります。

LTEは5MHz幅で下り37.5Mbpsの通信が可能で、LTEに何MHz幅を割くかによって通信速度が変わります。10MHz幅であれば75Mbps。15MHz幅なら112.5Mbps、20MHz幅なら150Mbpsといった具合。携帯各社に与えられた帯域幅は決まっており、同時に3Gも運用しているので、全ての帯域をLTEに当てるわけにはいきません。

また、使っている周波数帯毎に電波の特性が異なります。プラチナバンドと言われる700〜900MHz帯はより広いエリアをあまねくカバーしやすい使いやすい周波数と言われる一方で、数字が大きい周波数帯はビル陰などに回り込みにくく、建物の中に浸透しにくい電波と言われています。

ドコモのクアッドバンド LTE 、iPhoneについてはトリプルバンド

国内最大手のドコモが保有している周波数は、800MHz帯、1.5GHz帯、2GHz帯、1.7GHz帯(1800MHz)の4つの周波数帯です。このうち800MHz帯は郊外、2GHz帯は都市部において通信の繋がりやすさを重視した、より広いエリアをサポートするインフラを築いています。この2つの帯域うち、2GHz帯は112.5Mbps化が進められています。



またドコモでは1.5GHz帯と1.7GHz帯では速度を重視しています。このうち、1.7GHz帯はLTEのグローバルバンドでiPhone 5sからサポート済み。しかし、1.7GHz帯は俗に東名阪バンドと言われ、その名の通り東京・名古屋・大阪の都市部に利用が限られています。

そうした背景もあり、ドコモでは1.5GHz帯の全国カバーを強めており地方で15MHz幅の112.5Mbpsエリアを、東名阪エリアでも5MHz幅で37.5Mpbsエリアを築いています。現時点で高速通信エリアに関しては1.5GHz帯を中心に据え、その上に東名阪エリアの1.7GHz帯の設置しているようなイメージになります。

しかし、残念ながら1.5GHz帯のLTEはiPhoneでは対応していません。つまり少なくともiPhoneにおいては100Mbps超の高速通信に対応しているエリアは限定的、ということです。ドコモではクアッド(4)バンドのLTEを売りにしていますが、iPhoneに関してはトリプルバンド対応となります。

ドコモの鍵を握るCA技術

なおドコモはLTEに関して、2014年度中に下り225Mbpsに対応すると発表しています。これはLTE-Advancedのキャリアアグリゲーション(CA)技術によるもので、CA技術とは、異なる周波数を束ねて速度を高速化する技術のことです。

iPhone 6 / 6 Plusは150Mbpsまでですからドコモの理論上の最高速度は実現できないものの、3バンドのLTEを組み合わせればいくつかのパターンで150Mbpsを実現しやすくなります。ただし、iPhone 6の発表を受けドコモに確認したところ、iPhone 6の発売合わせてCA技術を導入する予定はないとしています。

このほか、アップルの発表会ではVoLTE対応が案内されました。国内の携帯電話会社でVoLTEを展開しているのは現時点でNTTドコモのみとなります。

auは150Mbpsを展開中、WiMAX 2+にも対応

KDDIのauは現在、国内携帯電話会社で唯一、CA技術を導入、運用しています。LTEに20MHz幅を割ける地方では150Mbpsを、都市部など10MHz幅でなければ運用できないエリアでは、プラチナバンドの800MHz帯と2GHz帯の各75Mbpsを利用して、足し合わせることで下り150Mbpsを提供しています。



これがそのままiPhone 6 / 6 Plusで使えるわけですが、加えてさらに、TD方式のLTEのバンド41への対応に注目です。日本ではこのバンド41において、UQがWIMAX 2+を展開しており、auではすでにAndroidスマートフォンで800MHz帯と2GHz帯のFDD方式に加えてWiMAX 2+に対応したスマートフォンを導入しています。

同じことがiPhone 6 / 6 Plusでも実現できるようになるため、下り150Mbpsの通信と、WiMAX 2+による下り110Mbps通信が実現します。おそらくどちらかに切り替えて利用するような形になると想像しますが、WiMAX 2+は現在、課金開始月から最大25カ月間、月間7GBの通信速度制限を実施していません。つまり、このまますんなり提供されれば速度制限なしで110Mbpsが使えることになります。

7時53分、訂正:MVNOとして提供しているWiMAX 2+については月間7GBの通信制限の対象となります。

ただし、WiMAX 2+は800MHz帯や2GHz帯と比較すればエリアが小さく、2.5GHz帯という電波の特性上、屋内エリアでは繋がらないこともままあります。

なお、CA技術は現在国内では同一キャリア内にしか適用できません。UQはauの傘下ではあるものの、WiMAX 2+はUQから借りているMVNOという立場です。このため通信速度が150Mbps + 110Mbpsとならないので注意が必要です。

ソフトバンクは110Mbps のSoftBank 4Gが対応に


ソフトバンクは現在、SoftBank 4G LTEの名称でFDD方式のLTEを、SoftBank 4Gの名称でTD方式のLTEを展開中です。



iPhoneについてはこれまで、FDDのSoftBank 4G LTEで通信を行っていましたが、WiMAX 2+同様、規格上はTD-LTEのSoftBank 4Gが使えるようになります。ソフトバンクではSoftBank 4G LTEとSoftBank 4Gに対応した端末をHybrid 4G LTEと呼んでおり、Androidスマートフォンに続いてiPhoneもHybrid 4G LTE化できるというわけです

SoftBank 4G LTEは現在、37.5Mbpsエリア、75Mbpsエリア、112.5Mbpsエリアの3つがあり、このうち最高速の112.5Mbpsのエリアは限定的なもので、多くは75Mbps以下となります。同社は75Mbps対応エリア112.5Mbpsエリアを公開しているのでチェックしてみるといいでしょう。

TD-LTEのSoftBank 4Gは、auのWiMAX 2+をUQから借りているように、WCPから借りてくるMVNO方式で運用しています。Category 4における最高速度は110Mbps 。9月下旬にもWCPがCA技術を導入し、10MHz幅のTD-LTEを足して165Mbpsを実現する予定ですが、これは今回のiPhone 6 / 6 Plusは対象にならないはずです。

8時7分、追記:ソフトバンクモバイルのコメント「iPhone 6 /6 PlusにおいてAXGPを提供します。ただし、9月下旬のTDのCAはルーターの話です。FDDのCAは2015年以降となります

なお、2015年以降にはSoftBank 4G LTEのCAを導入する計画で、これが実現すると最大速度は187.5Mbps。今回のiPhone 6 / 6 plusが対応するなら、そのタイミングで150Mbps化できることになります。
iPhone 6 / 6 Plus 、150Mbps対応も通信に差。携帯各社LTEまとめ。WiMAX 2+やSoftBank 4Gも利用可
広告

0 コメント

広告