Sponsored Contents

Microsoftの最新記事

Image credit:

マイクロソフト、Windows 10テクニカルプレビューをまもなく提供。Windows Insiderプログラム参加受付を開始

Ittousai , @Ittousai_ej
2014年10月1日, 午前04:37 in Microsoft
440 シェア
306
0
16
7
111

連載

注目記事

人気記事



「9」をすっとばした Windows 10のプレビューイベントで、マイクロソフトが Windows 10 Technical Preview版の提供と Windows Insider プログラムの実施を発表しました。

テクニカルプレビュー(TP)は歴代 Windows の開発過程でも用意された評価版。早い時期から専門家や上級PCユーザー向けに未完成の評価版を配布して、フィードバックを募り製品版へ活かす目的です。



米国時間で9月30日に初公開された Windows 10は、マイクロソフトいわく歴代でもっとも行き届いた、「過去最高のWindows」。デスクトップやノートPCだけでなく小さなIoT機器やモバイル、大画面まで多様なデバイスに共通のプラットフォームとストアを用意し、同じアプリを機器にあわせたインターフェースで使えるようになるとされています。

またイベントでデモされたプレビュー版では、マウスとキーボードが検出されたPCならば Windows 8のスタートスクリーンではなくWindows 7までと同様のデスクトップに起動、スタートメニュー復活 (従来型 + ライブタイルを追加してカスタマイズ可能)、全画面が基本だったWindows 8 (Metro)アプリのウィンドウ起動、4アプリウィンドウまでをぴったり並べる新スナップ、アプリやウィンドウ / スナップ状態の組み合わせを保存して複数切り替えられるマルチデスクトップなどの機能があります。



マイクロソフトはこうした新機能へのフィードバックを募るべく、米国時間で明日(10月1日)からWindows 10 テクニカルプレビューを提供します。対象はPC関連の業務に携わるIT専門家や、そのほかPCに習熟して新バージョンに興味がある上級ユーザー。

Windows Insider Programに参加すれば無償で誰でも試せますが、あくまで製品版には遠い未完成の開発評価版であり、予備のPCにインストールすること、本番の業務などに用いないこと、予想外のバグなども覚悟することを条件としています。

参加申し込みはマイクロソフトのWindows Insider Programページから。

マイクロソフトによれば、Windows 10についての情報公開とフィードバック募集は段階的に実施する予定です。初披露を含む今週の発表は、デスクトップやマルチタスクの改良など、早期に新OSに対応する必要があるエンタープライズユーザー向けの内容がメイン。続いて2015年の早い時期には、タブレットなどを含む従来のPC以外のデバイスへの対応や一般コンシューマー向け機能を発表します。さらにその後のBuildカンファレンスでは、製品版を控えた Windows 10について開発者向けの詳細を提供予定。

関連キーワード: Microsoft, OS, windows, windows10
440 シェア
306
0
16
7
111

Sponsored Contents