Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

パイオニア、iPhoneからハイレゾ音源を無線再生するミニコンポ Stellanova 発表。各ユニット単品販売も

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年12月10日, 午後06:23 in Aps-Da101J
1シェア
0
1
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
パイオニアが、USB-DAC 搭載アンプとワイヤレスユニット、スピーカーからなる小型コンポ Stellanova (APS-S301JRBL) を発表しました。特徴は iPhone や iPad に保存したハイレゾ音源を、ワイヤレス再生できるところ。

ワイヤレスユニットに USB 接続した外付け HDD や USB メモリーなどからも再生可能で、最大192kHz/24bit または DSD 5.6MHz までのハイレゾ音源に対応します。
 

Gallery: Pioneer Stellanova | 21 Photos

21

 

Stellanova では iOS 用アプリ「Wireless Hi-Res Player ~Stellanova~」を使い、 iPhone や iPad とワイヤレスユニットの間を無線で接続。各デバイスに保存したハイレゾ音源などの音楽ファイルをワイヤレスで再生できます。また PC /Mac でも専用ソフト「Pioneer Stellanova Player」、「Pioneer Wireless Connect」によってワイヤレスでの音楽再生が可能となります。

専用アプリやソフトとワイヤレスユニットの通信はただの WiFi 接続ではなく、独自開発の「Air Hi-Res Link Technology」を使用します。ワイヤレスユニットから DAC アンプユニット側のクロックを利用して、アシンクロナスモード転送にも対応します。

「Air Hi-Res Link Technology」は、パイオニアのワイヤレスドック APS-WF01J で用いていた「高速 USB 仮想化技術」を応用したもの。「高速 USB 仮想化技術」と互換性があるため、BDR-XU03JM など対応する外付けドライブを接続すれば、iOS デバイスで直接 CD の再生や、WAV /ALAC /AAC 形式でのリッピングが可能です。

さらに APS-WF01J 用に提供されているアプリ ODFinder を使って、接続しているストレージ内の動画や写真、その他ファイルを表示することもできます。
 

 
ワイヤレスユニットは4つの USB 端子を備え、パイオニア製の外付け光学ドライブや USB-HDD、USB メモリーなどを接続できます。無線方式は 802.11a /b /g /n WiFi。使用環境に合わせてアクセスポイントモードとステーション(クライアント)モードに切り替えられます。

ワイヤレスユニットの大きさは198 x 33 x 149mm。重さは440g。USB端子のうちひとつは給電機能も備えます。
USB-DAC 搭載アンプは DAC チップにバーブラウン PCM1795 を採用。PCM 方式では最大192kHz/24bit、DSD では5.6MHz までのハイレゾ音源を再生できます。対応するファイル形式は WAV /AIFF /FLAC/ ALAC /AAC /MP3。DSD の再生方法はネイティブ再生、DoP 再生、PCM 変換のいずれにも対応。ほか、スマートフォンなどから手軽にワイヤレス再生を行える Bluetooth 機能も搭載します。

スピーカー出力は15W x2。対応インピーダンスは4~16Ω。ヘッドホン出力側の対応インピーダンスは16~600Ω。再生周波数特性はスピーカー出力、ヘッドホン出力とも10Hz~40kHz。3.5mm モノラルミニのサブウーファー出力を備えます。AUX 入力も備えます。

USB-DAC 搭載アンプユニットの大きさは198 x 33 x 147mm。重さ570g

スピーカーユニットは再生周波数帯域が75Hz~45kHz で、こちらもハイレゾ対応です。ブックシェルフ型で、66mm 径フルレンジと 26mm 径セミドームツィーターを搭載します。インピーダンスは8Ω。最大入力は40W。出力音圧レベルは80dB。1台あたりの大きさと重さは103 x 140 x 205mm、1.3kg。真鍮製のスパイク型インシュレーターやクッションなどが付属します。
 
 
なお、アンプユニットとワイヤレスユニットの本体カラーはそれぞれ4色ずつをラインナップしており、16通りの組み合わせのなかから自由に選べます。スピーカーは1色のみのラインナップです。

Stellanova の発売時期は12月下旬。オープン価格ですが、店頭予想価格は7万円前後。

ちなみに Stellanova は組み合わせ違いやユニットの単品販売も用意しています。それぞれの店頭予想価格は USB-DAC 搭載アンプユニットとスピーカーの2点セット Stellanova Lite (APS-S201J)が4万7000円前後、アンプユニット単品(APS-DA101J)は3万円前後、ワイヤレスユニット単品(APS-WF02JB)は2万3000円前後。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

1シェア
0
1
0

Sponsored Contents