Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

米Amazon、1時間以内で配達するPrime Nowサービス開始。まずはNYマンハッタン地区から

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2014年12月19日, 午後04:39 in Amazon
2シェア
0
2
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
  
米 Amazon が、商品を1時間で届けるサービス「Prime Now」を開始しました。有料のPrimeメンバー向けのサービスで、送料として7.99ドルが必要です。ただし、配達時間指定を注文から2時間以上に設定した場合は配送料無料になります。


もともと配達が速いのがアマゾンの特徴のひとつですが、米 Amazon はさらに速く1時間で商品を配達するサービス「Prime Now」を始めました。対象商品は日用品やオフィス用品、旅行用品など、緊急を要する可能性のある商品を中心にそろえており、そのほかにも書籍、おもちゃ、家電製品など、計2万5000点以上を揃えています。
 
 
サービスを利用できるのは専用のスマートフォンアプリ「Amazon Prime Now」からのみ。PCやスマートフォンサイトからは利用できません。注文した商品はアプリから配送状況の確認が可能で、その時点で荷物がどこにあるのかをアプリ内の地図で確認できます。

なお、Prime Now サービスを利用できるのは午前6時から深夜0時まで。年99ドルの Prime メンバーであることが条件ですが、さらに配送料として7.99ドルが必要です。ただし、到着時間を注文から2時間以降に指定すれば配送料は無料となります。
 
 
ちなみに本家 Engadget がこの Prime Now を使ってお菓子を注文してみたところ、なんと23分で配達されました。場所が Amazon の集配センターに近かったのも要因とはいえ、驚異的な速さと言えるでしょう。

現在 Prime Now サービスを利用できるのはニューヨーク市内のマンハッタンエリアのみ。配送はドローンではなく人がリュックに品物を入れて自転車で行っています。ただ米Amazon は今後、サービス対象地域を各都市レベルに拡大する計画です。日本が世界に誇る「バイク・自転車用出前機」メーカー各社にとっては商機到来かもしれません。
 

出前機は日本のアマゾンでも購入できます




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

2シェア
0
2
0

Sponsored Contents