Sponsored Contents

announcementの最新記事

Image credit:

オリンパスAir発表、スマホと連携する円筒形マイクロフォーサーズ カメラ

Ittousai , @Ittousai_ej
2015年2月5日, 午後05:40 in Announcement
1441 シェア
1202
1
0
238

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

View


オリンパスがマイクロフォーサーズマウント採用の「オープンプラットフォームカメラ」 Olympus Air A01を発表しました。レンズのような円筒形の本体に撮像素子やストレージ、無線機能を備え、スマートフォンのアプリと組み合わせて撮影します。

マイクロフォーサーズレンズが使える「一眼クオリティ」に加えて、一眼レフカメラのようなマニュアル撮影からクリエイティブ・アーティスティック効果までさまざまな連携アプリを用意します。

Gallery: OLYMPUS AIR A01 | 10 Photos



スマートフォンと連携して、あるいは合体して撮影するコンセプトのカメラにはソニーの「レンズスタイルカメラ」ことサイバーショットQXシリーズがありました。

オリンパス Air は外見的には似たスタイルを採りつつ、
・レンズ交換式で望遠・広角・マクロなど撮影の自由度が高い
・大型の撮像素子でミラーレス一眼クオリティの写真が撮れる
・APIはじめ仕様をオープンにすることで、サードパーティ製も含めた多数のアプリを用意

といった点を売りとしています。

主なハードウェア仕様は、4/3型Live MOSセンサ、有効1605万画素、マイクロフォーサーズマウント、JPGおよびRAW撮影、81エリア測距ハイスピードイメージャAF、感度 LOW(約100相当)・200 - 12800、電子式シャッター 1/16000〜4秒、動画撮影時電子手ぶれ補正、動画記録方式は最高でフルHD 30p 24Mbpsなど。

端子類はマイクロUSBのみ。無線は802.11b/g/n、Bluetooth 4.0 (Bluetooth SMART)。バッテリーは内蔵式で約320枚撮影、USB充電に対応します。

ボディサイズは直径 約60mm弱・長さ43.6mmの円筒形。

Gallery: Olympus Air hands-on | 13 Photos



標準で用意されるアプリは、


・OA.Genius
被写体によりフレーミング、色、明るさ、エフェクト等の違う6種類の写真を一度のシャッターで撮影。気に入った効果はワンタッチでプリセット化。



・OA.ArtFilter
オリンパスのデジタルカメラに搭載されているアートフィルターを適用できるアプリ。


・OA.ColorCreator
カラーリングUIを使った色彩効果やコントロールができる撮影アプリ。



・OA.PhotoStory
オリンパスのデジカメに搭載されているフォトストーリーのアプリ。ひとつのシーンで撮影した複数の写真を組み合わせて物語を伝える一枚を生成。



・OA.ModeDial
デジタル一眼の感覚でマニュアル設定もできる撮影アプリ。リモート撮影も。



・OA.Clips
ショートムービーを組み合わせてBGMをつけてクリップ作成



・OA.Viewer
AirのマイクロSDカード内画像を閲覧するアプリ。



・OA.Central
セットアップや他アプリへの誘導などを担当する基本アプリ。


「8種類のアプリで多彩な撮影」を名乗るにはやや怪しい切り分け方のような気もしますが、Air は「オープンプラットフォームカメラ」の名のとおり、ハードウェア仕様やAPIを公開して誰でも自由に応用アプリや新しい使い方を拡張できる点が最大の特徴です。



OLYMPUS AIR A01は3月6日、オリンパスのオンライン直販のみで発売。本体色は白と黒が用意されます。価格はボディ単体が3万3800円(税別)、M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZレンズつきのキットが4万9800円(税別)。

1441 シェア
1202
1
0
238

Sponsored Contents