Sponsored Contents

illusionの最新記事

Image credit:
Save

写真や絵が動き出す照明『変幻灯』、NTTが開発。笑う肖像や揺れる風景、脳を騙して実現

Ittousai, @Ittousai_ej
2015年2月17日, 午後03:39 in Illusion
6シェア
0
6
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View


写真や絵など止まった画像にリアルな動きを与える照明『変幻灯』をNTTが発表しました。ポスターや写真に変幻灯の光をあてることで、静止しているはずの肖像画やポートレート写真が笑ったり、風景が風に揺れてみえるなどの効果を与えることができます。「ドラえもんのひみつ道具かよ?!」と思ったかたは続きの動画をどうぞ。





変幻灯を開発したのはNTTの先端技術総合研究所。最近はやりのプロジェクションマッピングは立体物などをスクリーンとして映像を投影する技術ですが、変幻灯では平面の対象に対して、もとの色や形はそのままに、モノクロの「動き要素」だけの差分で照らすことで、まるで絵が動いているような錯覚を作り出します。



NTTによると、これが可能なのは人間の脳が色・形・動きを別々に捉え、脳内で統合して動く映像として知覚しているため。NTTはこうした人間の知覚機能に対する研究をもとに、色と形はもとの静止画から、動きだけをモノクロで(光の強さで)与えることで印刷物でも動いているように見せる変幻灯技術を開発しました。






プロジェクションマッピングと比較した利点は、立体物に投影した時の歪みなど複雑な事前演算が不要であること、比較的明るい場所で(もとの静止画がちゃんと見える状況で)実施できることなど。応用としては広告・インテリア・エンターテインメント分野が挙げられています。


NTTでは2月19日・20日に開催するNTT R&Dフォーラム2015で、変幻灯を含む研究成果を展示する予定です。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: NTT
関連キーワード: illusion, NTT, pictures, projection mapping
6シェア
0
6
0

Sponsored Contents