Sponsored Contents

CP+2015の最新記事

Image credit:
Save

マンフロット、アウトドア撮影用具 Off roadシリーズ発表。軽量三脚にウォーキングスティックも

Hirotaka Totsu
2015年2月24日, 午後08:25 in Cp+2015
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


撮影アクセサリのマンフロットはカメライベント CP+2015で、アウトドア向けの新ラインナップ Off road シリーズを発表しました。

スキーのストックなどで有名なイタリアFIZAN社製の脚チューブを採用した「Off road三脚」、一脚として使える「Off road ウォーキングスティック」、カメラホルダー付きのバックパックなど、キャンプやトレッキングなどのアウトドアシーンで活用できる商品ラインナップです。

Gallery: Manfrotto | 19 Photos

19

Manfrotto

Off road 三脚はスキーのストックやトレッキングポールで有名なイタリアのFIZAN社製の脚チューブを採用。従来のマンフロット三脚の構造とはひと味違ったツイストロック式です。水準器つきのボール雲台を内蔵するほか、アウトドア用として脚パーツを分解(脱着)してクリーニングしやすい構造となっています。

Off road三脚と、一脚として使用できる「Off road ウォーキングスティック」は、軽量ながら剛性にすぐれており、最大耐荷重はともに2.5kg。自重は「Off road三脚」が650g、「Off road ウォーキングスティック」は2本で400gと、自重と耐荷重のバランス的が優れています。ミラーレスカメラであれば余裕で、一眼レフカメラでもトレッキング、登山に使用するレベルの装備であれば十分耐えられるでしょう。


従来のステッキタイプ一脚は、三脚メーカーやアウトドア用品メーカーがエントリー向けとしてラインナップしており、ローコストモデルに機能を付加するケースが多く見られましたが、「Off road」シリーズはベテランユーザのニーズを満たす仕様になっています。

「Off road ウォーキングスティック」は、近年のトレッキングの主流となっている2本使いを前提としており、トレッキングポールとしての性能も優れているのが特徴です。国産のトップブランドであるシナノ、海外メーカーではLEKIなどにおけるミドルクラスのモデルに相当するよう感じられました。片方のグリップエンドのキャップを外すと三脚ネジの台座が現れ一脚として使用できます。

manfrotto

Off roadシリーズは、カメラホルダー付きのバックパックもラインナップしています。1日程度の行程に対応した30ℓの容量で、下段にクッションパッド付きのカメラ収納用スペースつき。

カメラケースは取り外し、仕切り調整が可能で、カメラのサイズ、レンズの種類に応じてスペースを調整できます。肩ストラップ部には首から下げたカメラが歩行中に跳ねないようにするためのカメラストッパーも付属。

カメラの種類によってはラバーストラップを使用してカメラをホールドするなど、カメラ周辺機器メーカーであるマンフロットならではの工夫が見られました。

Manfrotto

Off roadシリーズは一部製品(Off road バックパックの一部カラーレッド/グリーン)を除き3月2日より発売開始です。※Off road バックパックのレッド/グリーンは、4月20日発売予定。

manfrotto
​会場では、1月に発表されたばかりのトラベル三脚「BeFree」の新モデルが展示されていました。1.1kgと軽量になったカーボンモデルと、4色のカラーバリエーションが加わったアルミモデル(1.4kg)で、どちらも4Kgまでの耐荷重。

カーボンモデルは、アルミモデルと比べ20%(300g)の軽量化で、実際に持った感じもはっきりとわかるくらいの重量差。価格は4万6000円(税別)と、アルミモデルの2万3600円(税別)に比べておよそ倍ですが、少しでも荷物を軽くしたい人、軽くした分レンズをもう一本持ちたいという人には価値ある選択肢でしょう。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: CP+2015, fizan, Manfrotto, Off Road
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents