Sponsored Contents

Androidの最新記事

Image credit:
Save

ロジクールからタッチパッドつき小型キーボード K400 Plus発表。Chrome OSやAndroidも対応

KENTA
2015年6月24日, 午後11:40 in Android
152シェア
0
152
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


ロジクールはコンパクトキーボードの新製品 ワイヤレス タッチキーボード K400 Plusを7月25日に発売します。

無線接続は Bluetooth ではなく、USB接続の2.4GHz帯 Unifying レシーバを使う仕様。Windowsだけでなく、Chrome OSやAndroid 5.0以降にも対応します。

Gallery: ロジクール ワイヤレス タッチキーボード K400 Plus | 10 Photos

10


主な仕様は

  • キー 84キー日本語レイアウト、メンブレンスイッチ、キーピッチ18.8mm
  • ポインター操作機能 タッチパッド、左右クリックボタン
  • 本体サイズ 354.3 × 23 × 139.9mm
  • 重さ(電池含む) 380g
  • 電池 単3乾電池 x 2
  • 電池寿命 最大18か月
  • 操作距離 10m
  • 無線方式 アドバンス 2.4GHz(Unifying 対応)
  • 接続I/F USB
  • 対応OS Windows 7以降(Windows 10対応)、Chrome OS、Android 5.0 以降
  • 保証期間 2年間


無線の有効範囲は約10m。リビングなどでTVに接続したPCやAndroid端末の操作に向いた製品です。ショートカットキーはWindowsだけでなく Android や Chrome OSにも対応します。

マルチタッチ対応のタッチパッドは、水平・垂直スクロールやポインティング、ピンチイン、ピンチアウトなどに対応。またWindows8のエッジスワイプも操作できます。

注意点は OS X や iOS が対応OSに入っていないこと。ロジクールのマルチOSキーボードといえばBluetooth で iOS にも対応する製品もありますが、こちらは従来からのPC向け製品と同じUSB接続のUnifying レシーバを使う製品です。Android 5.0以降にも対応するものの、フルサイズのUSB端子がない場合は変換の必要があります。

価格はオープン、ロジクールオンラインストア価格は5630 円(税抜)。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

152シェア
0
152
0

Sponsored Contents