ナイキが映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART II』に登場した自動で靴ひもが締まるスニーカー Nike Air Mag を商品化した Nike Mag を正式に発表しました。発売は2016年春。 オークション形式での発売となることもアナウンスされました。


ナイキがマイケル・J・フォックスにツイートした昨日の段階で、Nike Mag が正式発表されるのはほぼ確定的とされていました。
またその後しばらくしてマイケル・J・フォックス本人が Nike Mag を試着している写真がツイートされ、ファンは正式発表の瞬間を待ちわびていました。


気になる発売時期は2016年春。ナイキは、限定数を生産しオークション形式で発売するとしています。また売上はパーキンソン病研究を支援するマイケル・J・フォックス財産に寄付されることもあわせて発表されました。




映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART II』で主人公マーティ・マクフライがタイムスリップしてきたのが2015年10月21日でした。ナイキは作中に出てきた未来の靴を「発表」だけとはいえギリギリ間に合わせました。しかし実際の発売は2016年にずれ込み、限定生産かつオークションということから、われわれ一般人には手の届かない価格になってしまうことも予想されます。

ただ今回は限定生産となったもののナイキは現在、広範なスポーツを対象に自動で靴ひもを締める「Power Lace」技術をテスト中で、いずれは実用化したいとしています。あと数年待てば、気軽に買える価格のモデルも発売されることになりそうです。

下はマイケル・J・フォックスの試着の模様。紐を締め上げる時の音が「さかりのついたネコの遠吠え(?)」みたいでなんとも。
BTTF II:ナイキ、自動靴ひも調整シューズ Nike Mag 発表。来年春オークション形式で限定発売
広告

0 コメント

広告